見る・遊ぶ

アルバルク東京・田中大貴選手、3連覇に向け「成長を」 Bリーグ4季目開幕へ

開幕戦を戦う(左から)アルバルク東京・田中大貴選手と新潟アルビレックスBB・五十嵐圭選手

開幕戦を戦う(左から)アルバルク東京・田中大貴選手と新潟アルビレックスBB・五十嵐圭選手

  • 9

  •  

 アルバルク東京(A東京)田中大貴選手が8月27日、「B.LEAGUE TIPOFF カンファレンス2019」に参加した。

今季のテーマ「NEW ALVARK」と掲げた田中選手

 9月20日のB2を皮切りに、4シーズン目が開幕するBリーグ。ワールドカップ本選出場や八村塁選手のNBA契約など、バスケットボール界が盛り上がりを見せる中、「バスケットボール界のエンジンとなるBリーグも新たなステージに。昭和の野球、平成のサッカー、令和のバスケとなる」(大河正明チェアマン)ことを目指し、今季は、「新しさ」などを意味する「NEWNESS」をテーマに掲げる。

[広告]

 A東京は10月5日、ホーム「アリーナ立川立飛」(立川市)に新潟アルビレックスBB(新潟)を迎えて開幕戦を戦う。昨シーズンのチャンピオンシップ初戦で戦った相手となるが、新潟はインサイドの要であったダバンテ・ガードナー選手が移籍したこともあり、「また新しいチーム作りをしてくると思うので、また新しい新潟と戦うという感覚」と言う。新潟の五十嵐圭選手は「昨シーズンうちが最後に負けたチームでもあるのでリベンジと行きたいところだが、外国籍選手も変わりチームのスタイルも変わるので、新しい新潟アルビレックスBBを見せながら東京に胸を借りるつもりでチャレンジャーとしてぶつかっていきたい」と意気込んだ。

 A東京は3選手が新たに加わっているが、田中選手や馬場雄大選手、アレックス・カーク選手など9選手は昨シーズンと同じメンバーとなる。各チームが対策を練ってくる中、「(バスケの)スタイルは変わらないので、どこまで質を上げられるか」をポイントに挙げる。「昨シーズンの序盤もそうだったが、対策されてうまくいかない場面もあると思うが、そこで自分たちがどう対応していくのか。そこも含めて新たなチャレンジになるので、優勝した過去2シーズンと同様に日ごろからハードワークして成長していきたい。『いろいろな対策を練っても、やっぱり勝てない』と言われるチームになりたい」と話した。

 日本代表に選ばれているため、今季のチーム練習にはまだ一度も参加できていない田中選手。Bリーグの開幕が迫っていることに「正直あまり実感がない」と苦笑するが、「残ったメンバーもルカの元で頑張っていると思うので、自分も頑張らないといけない。今やるべきことに集中して、いい状態でチームに合流できれば」と意欲を見せる。

 A東京にとっては3連覇が懸かったシーズンとなるが、「ルカ(・パヴィチェヴィッチヘッドコーチ)が優勝後に言った『優勝したことは誰からも奪われるものではなく、自分たちが持っているものだから、それ(=優勝)を守るという考え方じゃない』いう言葉が好き。(今季の優勝は)どのチームも取りに行く権利があるので、そういう気持ちでシーズン戦うことが大事」と話しながらも、今季のユニホームの胸元には連覇を表す2つの星があしらわれていることから、「ここに星を増やせたら最高」と3連覇を見据える。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞