3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

代官山にオンワード初の複合施設 「丘」コンセプトに食・ファッションなど集積

代官山にオープンした複合施設「KASHIYAMA DAIKANYAMA(カシヤマ ダイカンヤマ)」

代官山にオープンした複合施設「KASHIYAMA DAIKANYAMA(カシヤマ ダイカンヤマ)」

  • 288

  •  

 オンワードホールディングス(中央区)が手掛ける6フロアから成る飲食・アパレルなどの新業態・複合施設「KASHIYAMA DAIKANYAMA(カシヤマ ダイカンヤマ)」(渋谷区代官山町)が4月2日、代官山にオープンした。

フレンチレストラン「コトー」店内

 廣内武会長がプロジェクトリーダーを務める同社初の直営複合施設。「独創的」なキュレーションでセレクトするアパレルや「上質な体験」にこだわる食空間などで、ターゲットには「今後の時代を担う好感度な人々」を据える。代官山駅からほど近く、八幡通りとキャッスルストリートを結ぶ坂道の途中に位置し、「丘」をコンセプトに各フロアが大小の箱のように重なる施設は、建物と内装デザインを建築家・佐藤オオキさん率いるデザインオフィスnendoと空間デザインオフィスonndoが手掛けた。

[広告]

 地下1階~地上5階の全6フロアで、建物の延べ床面積は約2465平方メートル。大小さまざまなコの字形の「ハコ」が重なる建物は、天然の木材や石、鉄をはじめ、長濱香代子庭園設計(目黒区)が手掛けた植栽を内外に配し、各階層の屋上となるテラスを上っていくことで「丘を散策するように」回遊できる。窓を大きく取り自然光を多く採り入れるのも特徴。

 フロア構成は、下層部がエントランスフロアとなる地下1階=カフェ、1階=ギャラリー、2階~3階=アパレル・雑貨をセレクトする「マーケット」。4階はレストラン、5階はバー。

 飲食コンテンツは、フレンチレストラン「SUGALABO」の須賀洋介シェフが監修。カフェ(地下1階、TEL 03-5784-1670)は、SUGALABOシェフパティシエの成田一世さんが手掛けるマドレーヌやカヌレ、スコーンなどの焼き菓子などに加え、フードはサラダやカツサンドなどを提供。ドリンクは紅茶やハンドドリップで入れるオリジナルブレンドコーヒーなどを用意し、テークアウトメニューもそろえる。価格帯は600円~2,400円(税別)。営業時間は11時~21時。

 レストラン(4階)は、フランス語で「丘」を意味する「COTEAU.(コトー)」と名付けた。季節の食材を使い「素材本来のおいしさを引き出す」プリフィクスコース(6,800円、税込み・サービス料別)を、ペアリングのドリンクと共に月替わりで提供する。天井の高い店内は、天然木や大理石などの素材を採り入れ、デザイン性の高い照明やインテリアなどを配置。ハーブなどの植物が置かれたテラス席も設ける。営業時間は17時30分~21時(ラストオーダー)。

 レストランの上階に位置するバーは、チーズや生ハム、チョコレートなど「親しみのあるシンプルなメニュー」で構成。各国から集めた「珍しいジン」を多く取りそろえ、重厚感のある家具と「程よい明かり」、BGMの「クラシカルなバー」をイメージした。想定客単価は1,500円~。

 2階~3階は、ファッションとカルチャーの独自キュレーションに出合う「マーケット」と位置付け、ニューヨーク発の人気セレクトショップ「OPENING CEREMONY(オープニングセレモニー)」の創立者で、ファッションブランド「KENZO」のクリエーティブディレクターを務めるキャロル・リムさんとウンベルト・レオンさんが監修。オリジナルコレクションに加え、デザイナーズブランドや国内外のクリエーター、アーティストとのコラボレーション商品を展開する。営業時間は11時~20時。

 ギャラリー空間を展開する1階では、インスタレーションや展示、トークイベント、セミナー、ワークショップなどのイベントを定期的に開いていくという。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞