食べる

新元号「令和」ハイチュウ、渋谷で配布 1000個、15分で無くなる

6時間で作られた「令和」ハイチュウ

6時間で作られた「令和」ハイチュウ

  •  
  •  

 新元号が発表された4月1日、「令和」ハイチュウが渋谷マークシティ(渋谷区道玄坂1)1階の広場でサンプリングされた。

配布された「令和」ハイチュウ

 森永製菓(港区)が製造・販売するチュ―イングキャンディー「ハイチュウ」を、小ロット(50個)からオリジナルパッケージの菓子が作れる法人向けサービス「おかしプリント」で製造したもの。

[広告]

 同社のスタッフやデザイナーが印刷会社で新元号発表を待ち構え、発表と同時に「令和」の文字をデザインに落とし込み印刷。本来最短1週間かかるものを6時間ほどで作ったという。パッケージには、「新元号決まる“令和”でチュウ」「号外ハイチュウ」の文字などをプリントした。味はグレープ。

 今回、「発信力が多い人がいる」ことや、同サービスが法人向けであることから「ITベンチャーや新しいものに敏感な企業が多い」(同社・新領域創造事業部マネジャーの渡辺啓太さん)渋谷での配布を決めた。

 配布開始の18時前から広場にはツイッターなどで知った人たちが集まり、配布が始まると配布スタッフの元に四方から押しかける場面も見られた。スタッフは「号外ハイチュウです」と呼び掛けながら「令和」ハイチュウを配り、約15分で用意した1000個が無くなった。

 渡辺さんは「新元号発表ということで、6時間で作ることに挑戦した」と経緯を説明。「こんなに早く無くなるとは」と驚いた様子ながら、「純粋にうれしい。いろいろな記念日などに使っていただければ」とオリジナルパッケージサービスをPRした。

  • はてなブックマークに追加