買う

渋谷センター街に「ジーユー」大型店 サイネージでバーチャルコーディネートも

「ブックオフ」(ヤフOFF! フラッグシップストア)と古着店「BINGO」の跡に出店する「ジーユー渋谷店」

「ブックオフ」(ヤフOFF! フラッグシップストア)と古着店「BINGO」の跡に出店する「ジーユー渋谷店」

  •  
  •  

 ファッションブランド「GU(ジーユー)」の旗艦店「ジーユー渋谷店」(渋谷区宇田川町、TEL 03-6427-8992)が3月15日、渋谷センター街(渋谷区宇田川町)にオープンする。経営はジーユー(港区)。

自身のアバターでコーディネートができる「GU STYLE CREATOR STAND」

 ファーストリテイリンググループの同ブランドは2006年に設立。渋谷への出店は、2014年6月~2016年8月に出店していた旧「渋谷パルコ」内の店が閉店して以来約2年6カ月ぶりとなる。「ファッションに興味がある人」や学生を中心に「若者が集まる」街で「GUにフィットする」ほか、国内外からの来街者も多いことから、認知拡大を図る意味を込めて「絶対に(渋谷エリアに)店が欲しいと思っていた」(柚木治社長)という。

[広告]

 場所は、ライブハウス「渋谷クラブクアトロ」が入居するビル。地下1階~地上3階の4フロアで、売り場面積は計約520坪。路面の立地や規模感から位置付ける「旗艦店」は、心斎橋店、銀座店、池袋東口店に続く4店舗目となる。

 同店は「失敗しない買い物体験」を提供するため、デジタルとリアルを融合したサービスを導入する。昨年11月にオープンした原宿のショールーミングストアで展開しているデジタルサイネージ「GU STYLE CREATOR STAND」(地上1階に2基)は実売店では初の導入で、来店客の写真を元にアバターを作り、商品をコーディネートできる。

 「GU STYLE STAND」(各階に2基)は、利用客のスタイリングなどが見られるサイネージになっている。試着室では個室内の端末でタグを読み込むとカラーバリエーションなどを見られるようにした。接客面では、学生の来店を多く見込み、学生のアルバイト約160人(スタッフ全体の約7割)を採用し「等身大の接客」を目指す。レジは地下1階と地上1階が有人(各6台)、2階にセルフ(18台)を用意。フィッティングルームには順番待ち管理アプリ「Airウェイト」を導入する。

 フロア構成は、地下1階=メンズ、地上1~3階=ウィメンズ。フルラインアップするウィメンズは、1階でシーズナルや新作などを、2階ではジーンズなどカジュアルなアイテムや通勤向けのアイテムなどを、3階ではシューズやアクセサリー、ルームウエアなどをそれぞれ展開。3階では、オープン時にはダンス&ボーカルグループ「EXILE」「三代目J SOUL BROTHERS」パフォーマーのNAOTOさんがクリエーティブディレクターを務める「STUDIO SEVEN」とのコラボレーション商品も扱う。

 営業時間は11時~22時。

  • はてなブックマークに追加