食べる

国連大学前で日本酒イベント 120種超飲み比べ、だしとのペアリングも

日本酒120種類以上を飲み比べできる(写真は過去開催時の様子)

日本酒120種類以上を飲み比べできる(写真は過去開催時の様子)

  •  
  •  

 日本酒イベント「Aoyama Sake Flea vol.9」が11月17日・18日、国連大学(渋谷区神宮前5)中庭で開催される。主催はNPO法人「ファーマーズマーケット・アソシエーション」(目黒区)。

 「今のライフスタイルに合った『おいしい・美しい・面白い』」日本酒を蔵元と一緒に発信する同イベント。2014年9月に初開催し、今回で9回目を迎える。前回開催時は、併催するファーマーズマーケットと合わせて1日約2万人が来場したという。

[広告]

 今回は30蔵以上が参加し、「陸奥八仙」(青森・八戸酒造)、「山の井」(福島・会津酒造)、「御慶事」(茨城・青木酒造)、「水芭蕉」(群馬・永井酒造)、「いづみ橋」(神奈川・泉橋酒造)、「天狗舞」(石川・車多酒造)、「龍力(たつりき)」(兵庫・本田商店)、「紀土(きっど)」(和歌山・平和酒造)、「七田」(佐賀・天山酒造)など日本酒120種類以上をそろえる。オリジナルちょこ付き飲み比べチケットは、「ちょい飲み」=コイン2枚1,000円(日本酒1杯コイン1枚~)ほか。

 初の試みとして、料理と酒を合わせるフード企画「+SAKE」を行う。「料理とだし」をテーマに、肉料理、魚料理、スイーツの3品と、調理の際に出るだしに酒を合わせるペアリングを提案する(参加料3,000円)。

 このほか、日本酒バー「蒼穹(そうきゅう)」(新宿区)の店主・多田正樹さんが監修する「器」のギャラリーを展開するほか、居酒屋「GEM by moto」(恵比寿1)の千葉麻里絵さんとラーメン店「饗(もてなし)くろ●」(●は「喜」の俗字、七の下に七七)の黒木直人さんのトークショー(参加料2,000円)も予定する。

 開催時間は11時~17時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加