学ぶ・知る

渋谷駅東口歩道橋で旧橋撤去工事 地上で2つに切断し搬出

大型クレーンで持ち上げられた歩道橋の旧橋部分

大型クレーンで持ち上げられた歩道橋の旧橋部分

  •  
  •  

 架け替え工事が進められている渋谷駅東口歩道橋で10月14日深夜、明治通りを通行止めにして旧橋の撤去作業が行われた。

道路上で2つに切断される歩道橋(旧橋部分)

 新しい歩道橋は緩やかなカーブを伴う「ロ」の字形で計画し、幅員を6メートルまで広げるなどしてデッキを再整備。9月に開業した複合施設「渋谷ストリーム」の2階部分とも直結し、旧東横線渋谷駅跡に来年度中に開業する「渋谷スクランブルスクエア東棟」ともデッキ部分でつながる。

[広告]

 9月23日に行われた「最後の橋桁」の取り付け工事に続き、通行止めを伴う大規模な工事となったこの日は、渋谷警察署前の明治通り上に架かる旧橋を撤去。0時に交通規制を開始し、その後、歩道橋横にオールテレーンクレーンを配備した。

 1時過ぎには歩道橋に4本のワイヤを取り付け始め、ワイヤでつり下げ固定した上で、渋谷署側の付け根部分を溶断。渋谷ストリーム側の付け根も取り外し、2時過ぎには明治通りをまたぐ旧橋部分の切り離しが完了した。

 2時10分ごろ、ワイヤでつるされた旧橋をいったん持ち上げ、少し回転させ明治通りに斜めに置く形で仮置き。同25分ごろ、あらかじめ切れ目を入れていた中央部分で切断を始め、2時35分ごろ切断作業が完了した。同40分ごろ、半分になった歩道橋を大型トレーラーの荷台にクレーンで積み込み、トレーラーに固定。3時15分ごろ、1台目のトレーラーが出発、その後2台目も出発して作業が終了した。

 渋谷駅東口歩道橋では、渋谷ヒカリエ方面と渋谷3丁目方面をつなぐ新しい歩道橋と渋谷ヒカリエ方面につながる階段、エレベーター(既設のものをリニューアル中)が10月23日に供用を開始するほか、明治通りをまたぎ渋谷ヒカリエ方面とJR渋谷駅方面を結ぶ橋桁は来年1月の供用開始を見込む。

 今月2日に閉鎖された渋谷警察署前の階段部分は、1月以降をめどに新たな階段とスロープの供用開始を目指す。

  • はてなブックマークに追加