見る・遊ぶ

ファンら「安室ちゃん」スポット巡りも 渋谷に安室奈美恵さん広告続々

渋谷ハチ公前広場に掲出されている安室奈美恵さんの広告。撮影する人も後を絶たない

渋谷ハチ公前広場に掲出されている安室奈美恵さんの広告。撮影する人も後を絶たない

  •  
  •  

 歌手・安室奈美恵さんの引退まで1カ月を切り、渋谷エリア各所に安室さんの屋外広告が掲出され、立ち止まり撮影するファンの姿などが見られている。

渋谷エリア各所に掲出されている広告

 9月16日の引退を受け、渋谷では昨年11月にアルバム「Finally」発売を記念して「SHIBUYA109」(渋谷区道玄坂2、以下109)イベントスペースで期間限定ショップを展開。今年に入り、7月26日からは安室さんの軌跡をたどる企画展「namie amuro Final Space」が渋谷ヒカリエ(渋谷2)で開催されているほか、8月には東急東横線・渋谷駅下り線ホームで楽曲「Hero」が発車メロディーとして期間限定採用、109も全館企画を打ち出すなど、引退日に向けキャンペーンが加速している。

[広告]

 今月8日には、台風13号の接近を受け、翌日の掲出を予定していた街頭広告が急きょ1日前倒しで109シリンダー外壁に登場(22日に掲出終了)。雨の中、傘を差しながら広告にカメラを向ける人も見られるなど、かつて安室さんのファッションをまねした「アムラー」ブームの中心地となったこともあり、渋谷各所に「出現」する安室さんの姿に青春時代の思い出を重ねるファンも多い。

 シリンダー広告にもなった「ライブは、私の居場所でした。」のメッセージが添えられた広告は、安室さんの引退前ラストツアーの様子を収めたDVD&ブルーレイ「namie amuro Final Tour 2018~Finally~」の発売(今月29日)に伴い掲出されたもの。ライブ時に安室さんが笑顔で両手を広げるカットや、会場を走り抜ける姿などを収めた複数のパターンのビジュアルは現在、109やハチ公前広場のほか、公園通り、文化村通りなど各通りにフラッグとして並び、井の頭通りなどにも街頭広告が掲出されている。

 企画展が開かれている渋谷ヒカリエに通じる東横線・副都心線改札口の地下3階から2階にかけては、同展のポスターがファンを出迎えるほか、ヒカリエ2階連絡通路もDVD広告ビジュアルが「ジャック」。ヒカリエの飲食店では通称「石垣島アムラー油」を使ったメニューなどを提供する飲食フェアも展開している。

 21日に安室さんとのコラボ商品第2弾を発売し早朝から行列もできた「H&M渋谷店」(宇田川町)外壁には、コラボ商品に身を包む4パターンの安室さんが登場。キャンペーンビジュアルはディスプレーにも採用する。同店ディスプレー前をはじめ、街頭広告などと異なり同じ目線の高さで写真を撮れるビジュアルの前では、自撮りでの「ツーショット」や友人に撮影してもらう人の姿が後を絶たない。

 ツイッターなどネット上では、企画展などで渋谷を訪れた際に安室さんのビジュアルが掲出されたスポットを巡ったというファンの報告や、ファン同士で見つけたビジュアルを教え合う投稿なども多く見られている。

 DVD・ブルーレイ発売を前に、渋谷ハチ公前交差点では今後、街頭ビジョンのジャックも予定する。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞