食べる

恵比寿のスペイン料理店「アマポーラ」閉店へ 駒沢通り沿いで20年

恵比寿・駒沢通り沿いのスペイン料理店「アマポーラ」外観

恵比寿・駒沢通り沿いのスペイン料理店「アマポーラ」外観

  •  
  •  

 恵比寿・駒沢通り沿いのスペイン料理店「アマポーラ」(渋谷区恵比寿南3)が8月28日、閉店する。

 同店は、恵比寿駅西口から代官山方面に向かう駒沢通り沿いの路面に1998年にオープン。ピンク色の壁面やネオンのロゴが特徴的な外観に、石畳や天井の高い店内が異国風の空間で、パエリアやタパス、煮込み料理などのメニューを提供してきた。経営はアマポーラ(足立区)。

[広告]

 今年に入り、1月に「ルミネ池袋店」が閉店、4月には「エル トマテ ルミネ荻窪店」も営業を終了し、7月に閉店した「ルミネ横浜店」を含め、恵比寿店の閉店でアマポーラ業態を閉じるという。

 フラメンコライブなどのイベントも開催してきた恵比寿店では現在、ビアホール企画として生ハムやアヒージョ、パエリア、石焼きステーキなどの各種コースを飲み放題付きで提供。天窓のある2階を個室として貸し出すなどパーティー需要も見込む。

 営業時間は11時30分~22時30分。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞