学ぶ・知る

「渋谷防災キャラバン」初開催へ 謎解きやフットサルをしながら防災知識学ぶ

謎解きゲームの要素を取り入れた「体験型 防災アトラクション」のイメージ

謎解きゲームの要素を取り入れた「体験型 防災アトラクション」のイメージ

  •  
  •  

 体験型防災イベント「SHIBUYA BOSAI CARAVAN」が8月4日、「児童青少年センターフレンズ本町」(渋谷区本町)で開催される。主催は渋谷区。

 従来の見学型の防災訓練を「フェス」のかたちで「参加型」の防災訓練として開催している渋谷区。新たに立ち上げたキャラバンは、1年を通じて区民が防災ついて考えるきっかけ作りとなることを目指し、新たに立ち上げた。小中学生を中心とする若年世代に、防災に対する関心や意識を高めることで「地域防災力」の向上を図る。5月にプレ開催し今回で1回目。今年度はあと2回開催を予定している。

[広告]

 当日は、謎解きゲームの要素を取り入れた「体験型 防災アトラクション」を行う。参加者はチームを組み、災害発生時や避難生活時に必要となる知識や行動などに関するミッションを解きながらアトラクションを進める。場内ではサッカーやフットサルをしながら防災・減災を体感するワークショップ「ディフェンス・アクション」も体験できる。

 当日は、渋谷区危機管理対策監吉見隆さんとキャンドル・アーティストで東日本大震災の被災地復興支援プロジェクト「LOVE FOR NIPPON」を主宰するなどしているCandle JUNEさんのトークショー(13時~の回のみ)も予定する。

 開催時間は、10時30分~12時、13時~14時30分、15時30分~17時の3回。定員は各回150人(事前予約を受け付けているが、当日参加も可能)。参加無料。参加条件は10歳(小学4年)以上。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞