見る・遊ぶ

渋谷を舞台に「音声AR」スパイゲーム 映画「M:I」新作公開記念

「音声AR」技術と連動したスマートフォン上の地図や音声情報をヒントにミッションに挑む(写真はイメージ)

「音声AR」技術と連動したスマートフォン上の地図や音声情報をヒントにミッションに挑む(写真はイメージ)

  •  

 渋谷の街を舞台に7月13日、「音声AR」技術を使った体験型スパイゲーム「渋谷フォールアウト」が開催される。主催は東和ピクチャーズ(千代田区)。

8月に公開を控える「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」より

 トム・クルーズさんが主演するスパイアクション映画シリーズの最新作「ミッション:インポッシブル(M:I)/フォールアウト」の公開(8月3日)を記念したもの。シリーズ1作目が1996年の7月13日に公開されたことにちなんで制定された「イーサン・ハント」の日に開く。

[広告]

 同作のプロモーションを考える中、旧来のファンだけでなく、新たに若年層へのアプローチを図るため、実際に街なかでスパイ体験ができるイベントを日本独自で企画。ターゲットや「スパイ」という世界観に「マッチしている」と判断したほか、渋谷区観光協会が進める「IoT活用おもてなし実証事業」の一環でビーコン(電波受発信器)が街中に整備されていることもあり、渋谷での実施を決めた。今回のイベントでは渋谷センター街や渋谷公園通り商店街エリアに約200個のビーコンを設置する。

 ゲームのベースとなるのは「音声AR」技術。GPSやビーコンなどを使い位置情報を検知し、任意の特定条件を満たしているユーザーに、事前にプログラミングされた音声情報を自動的・リアルタイムに再生するとともに、音声情報と連動したデバイス画面を演出する。

 参加者はイーサン・ハント(クルーズさん)らが所属する米諜報(ちょうほう)機関の特殊作戦部「IMF極東支部」の諜報員となり、敵兵に気付かれないよう、参加者全員で協力しながら街なかに設置された全ての時限装置(ビーコン)の解除を目指す。参加者のスマートフォン上には、時限装置や敵兵の位置をリアルタイムで案内する地図を表示し、耳をふさがないイヤホン「ambie」では相棒「ベンジー」の音声通信をヒントとして流す。使用するスマートフォンと「ambie」は貸し出す。参加は事前申込制で、6月30日(23時59分まで)までホームページ上で受け付ける。

 開催時間は、第1回=11時~13時、第2回=14時~16時、第3回=17時~19時。定員は各回150人(応募多数の場合は抽選)。参加無料。