見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

渋谷マルイにECプラットフォーム「BASE」初の常設店 実店舗出店を支援

ECプラットフォーム「BASE」初の常設店(イメージ)。ハンガーラックやミラー、トルソー、レジ、無線LANなど出店時に必要となるほとんどのものを完備する

ECプラットフォーム「BASE」初の常設店(イメージ)。ハンガーラックやミラー、トルソー、レジ、無線LANなど出店時に必要となるほとんどのものを完備する

  •  
  •  

 個人や立ち上げから間もないブランドなどがネットショップを作成できるEコマースプラットフォーム「BASE」を運営するBASE(渋谷区道玄坂2)が6月15日、渋谷マルイ(神南1)1階に初の常設店舗「SHIBUYA BASE」をオープンする。

渋谷マルイに初めて常設される実店舗「SHIBUYA BASE」のロゴ

 BASEは2012年11月にサービスを開始。簡単な操作で独自のネットショップを始められるウェブサービスとして、ファッションや雑貨、食品などの商品を企画・生産・製造するユーザーを中心に現在約50万店舗が出店している。初の常設店舗となる同店では、BASE出店店舗に「リアルの場で商品を販売する機会」(同社)を提供。客との出会い創出やブランドのPRにもつなげる狙い。

[広告]

 同社は今年4月、丸井グループを引受先とした第三者割当増資による資金調達と資本業務提携を実施(調達額は非公開)。昨年10月に協業し、BASEに出店する店舗の中から将来性を見込む店舗に対し、丸井グループのテナント販売や販売ノウハウも提供してきた。

 実店舗の取り組みは、2014年に「東急ハンズ 渋谷店」(宇田川町)に出店したのを皮切りに、同年「ルミネ新宿 ルミネ1」、2015年には「渋谷ヒカリエ」(渋谷2)など都内5カ所とほか3県で同時開催。その後「渋谷モディ」(神南1)などでも展開してきた。

 初めて開く常設店の店舗面積は約5坪。出店料は1日3.5万円(7月末までのオープン記念価格)。ハンガーラックや可動ボックスをはじめ、ミラー、各種ハンガー、トルソー、ネックレススタンドなど商品陳列に必要なものや、レジ、クレジットカード端末、電源タップ、無線LAN、デジタルサイネージなど、商品に応じて出店時に必要となるほとんどのものを完備する。出店店舗が利用できる専用ロッカーや在庫ストックスペースも用意するという。

 ネットショップをはじめ、実店舗でも敷金・礼金、什器(じゅうき)用意など初期費用や手続きなどの負担を省くことで、「オンラインとオフラインの売り買いの垣根をなくす」ほか、簡易的な決済方法も導入するなどして出店者のチャレンジを支援する。

 オープン時には、「インターネット時代のワークウエア」をコンセプトに日常着をそろえるブランド「ALL YOURS」が出店する。

 営業時間は11時~21時(日曜・祝日は20時30分まで)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞