買う

SHIBUYA109、40周年機にロゴ刷新へ 一般公募で決める

SHIBUYA109外観に掲出されているロゴ

SHIBUYA109外観に掲出されているロゴ

  •  
  •  

 SHIBUYA109(渋谷区道玄坂2)が2019年、ロゴマークを刷新する。運営するSHIBUYA109エンタテイメント(道玄坂1)が4月18日、発表した。

シリンダーが特徴的な外観

 1979(昭和54)年の「渋谷の日」(4月28日)に、東急商業開発(現東急モールズデベロップメント)が文化村通りと道玄坂が合流する元恋文横丁で「ファッションコミュニティー109」として開業した同館。1989年に現在の「SHIBUYA109」に改名し、「マルキュー」の愛称で親しまれている。

[広告]

 「ヤングファッションの聖地」として知られる同館だが、来年開業40周年を迎えるに当たり、時代や環境の変化に合わせ「地位やあり方を柔軟に変化させるべき」とロゴの刷新を決めた。現在使っているロゴは1989年の開業時から使っている。

 新しいロゴはプロ・アマ・団体問わず一般公募。「気軽に」応募できるよう、特設サイトで「109ロゴメーカー」も用意する。最優秀賞(作品採用1人)には賞金109万円を、優秀賞(3人)には賞金10万9,000円を、それぞれ贈る。

 応募は5月20日まで、メールまたは郵送で受け付ける。5月下旬~7月上旬に審査員・事務局で最終候補4案を絞り、ウェブ上での一般投票を経て7月下旬に決定。2019年中に、香港を含む全国の「SHIBUYA109」5館のサインの付け替えや冊子などへの掲出を予定する。

  • はてなブックマークに追加