食べる

渋谷「クリスピー・クリーム・ドーナツ」改装 席数20%減、限定メニューも

木目を基調にする店舗のイメージ

木目を基調にする店舗のイメージ

  •  
  •  

 渋谷・道玄坂の「クリスピー・クリーム・ドーナツ渋谷シネタワー店」(渋谷区道玄坂2、TEL 03-6415-3900)が3月29日、リニューアルオープンする。経営はクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン(千駄ヶ谷4)。

グループでシェアできる「ドーナツ タワー」のイメージ

 1937年にアメリカで誕生し、2006年日本に上陸した同ブランド。2015年度から「第二創業期」として改革を進めてきた同社。2015年度~2016年度には関東・東海・関西へ店舗を集中するため、地方都市を中心とした店舗を閉店し、最大64店から46店に縮小。2016年度~2017年度には「既存店の強化」として商品やサービスの向上などを行ってきた。

[広告]

 今年から「再成長への挑戦」として、店舗の再出店などを計画している。リニューアルはその一環で、渋谷シネタワー店のほか、有楽町イトシア店も行う。渋谷店は2008年に国内6号店としてオープン。店舗面積は270.87平方メートル。店内は木目を基調に落ち着いたデザイントーンを採用するという。100席以上あった店舗は約20%減らし88席を予定。

 リニューアルに合わせ、渋谷シネタワー店と有楽町イトシア店限定メニューを用意する。定番の「オリジナル・グレーズド」に卵液を流し込み、ストロベリー・ラズベリー・ブルーベリーを加えシナモンをかけて焼き上げる「ドーナツ プディング(トリプルベリー)」(11時以降の提供、450円)、ベーコンなどを合わせたドーナツ、フルーツヨーグルト、ドリンクが付くモーニングセット(8時~11時、520円~)など。ドリンクでは、シングルオリジンの豆を使いハンドドリップで入れるコーヒー(S500円~)を新たに導入する。

 加えて、渋谷シネタワー店では若年層を中心にグループでの来店が多いことから、シェアできる限定メニューも展開する。「チョコスプリンクル」「オールドファッションドーナツ」「ミニドーナツ」などのドーナツを積み重ね生クリームなどをトッピングするイートイン専用の「ドーナツタワー」(1,600円、1日10食限定)、一口サイズのオールドファッションドーナツ(6個)にスプリンクルとチョコソースをかける「ドーナツホール9」(400円)など。

 営業時間は8時~22時30分(予定)。現在はドーナツのテークアウトのみの営業で、今月27日・28日は休みとなる。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞