食べる 買う 学ぶ・知る

公園通りにホテル・アパレルショップ併設「koe」旗艦店 スマートレジで23時まで営業

店舗外観イメージ

店舗外観イメージ

  •  
  •  

 渋谷・公園通り勤労福祉会館前交差点に2月9日、グローバル戦略ブランド「koe(コエ)」のホテル併設型グローバル旗艦店「hotel koe tokyo」(渋谷区宇田川町)がオープンする。経営はストライプインターナショナル(岡山県岡山市)。

スマートレジを導入するショップのイメージ

 「コエ」は、カジュアルファッションブランド「earth music&ecology」などを展開する同社が2016年11月、飲食業態などを併設する新しいライフスタイル業態として自由が丘に出店したグローバル戦略ブランド。都心部に旗艦店を出店することで国内での認知度向上とブランド力強化を図り、2020年以降の欧米進出への足掛かりにしたい考え。

[広告]

 渋谷店の場所は渋谷パルコ・パート2跡にヒューリック(中央区)が新築したビルの1~3階。店舗面積は3フロア計約450坪。フロア構成は、1階(約110坪)=ベーカリーレストラン「koe lobby」、イベントスペース「koe space」、ホテルレセプション、2階(約170坪)=ウィメンズ・メンズアパレル、生活雑貨のショップ、3階(約170坪)=同社初となるホテル「hotel koe」。「ステイ」「ファッション」「ミュージック」を軸にブランドの世界観を提供する。

 クリエーティブディレクション・設計・インテリアデザインには建築家・谷尻誠さんと吉田愛さんを起用。1階・と2階は「素の素材」を大切にした空間を構成するとともに、普段は下地などに使われる材料を仕上げに採用することで「シンプルで作り込みすぎないデザイン」になる予定。3階は「茶室」をデザインコンセプトに、客室には現代風にアレンジした「離れ」「小上がり」を取り入れる。建築材料は石やタイル、鉄を中心にし、素材の「素の質感を生かした」空間に仕上げるという。フロア内の通路にはデジタルアートを展示し、「和」のテイストと「現代のテクノロジー」をミックスさせる。

 「koe lobby」は、代官山のフレンチレストラン「Ata」(猿楽町)の掛川哲司シェフがプロデュース。立ち飲みができるバーカウンターやテーブル席などさまざまな席を用意する予定。同店ではアプリ「O:der」を活用したテークアウト専用のモバイルオーダーシステムを導入。同アプリ内で対象メニューをオーダー・決済すると、調理完了後に通知が届き、店頭で受け取れるようにする。営業時間は7時30分~23時(モバイルオーダーは21時まで)。

 アパレルショップでは同社初の試みとなる「スマートレジ」を導入し、夜間(21時~23時)は販売員がいない「無人」店舗で、来店客自身が会計もするセルフ形式、クレジットカード決済のキャッシュレスのショッピングを提案。順次電子マネーやApple Pay、銀聯(ぎんれん)カードなどの決済にも対応していく予定。

 「hotel koe」の客室は、S(スタンダード、17~18平方メートル、1~2人)7室、M(ミディアム、35平方メートル、2人)1室、L(ラージ、52平方メートル、2人)1室、XL(エクストララージ=スイートルーム、100平方メートル、4人)1室の4タイプ・10室。各部屋に国内と海外への通話、インターネット(LTE)通信ができる無料貸し出しスマートフォンサービス「handy」を導入する。宿泊料は、S=3万6,000円~、M=8万5,000円~、L=11万円~、XL=25万円~。

 フロア内には、宿泊者が利用できるラウンジも併設。ボトル入り茶飲料「テドール」を展開するメーカー「The Tea Company」(新宿区)とコラボレーションし、日本茶や抹茶、日本茶をベースにしたカクテルなどを用意。「koe lobby」の軽食メニューも提供する。営業時間は7時30分~翌1時を予定。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞