食べる

青山ファーマーズマーケット内で「米」企画 お供の食べ比べ、こうじバーなど

ご飯のお供の食べ比べや日本酒・甘酒の提供などを行う(写真はイメージ)

ご飯のお供の食べ比べや日本酒・甘酒の提供などを行う(写真はイメージ)

  •  
  •  

 国連大学(渋谷区神宮前5)前広場で開かれる「青山ファーマーズマーケット」内のコミュニティーラウンジで1月6日・7日、「KOME HAJIME」が開催される。

 「米」にフォーカスを当てた同企画。「ご飯お供食べ比べ」コーナーには、手作りのり店「栄屋海苔(のり)店」(大阪市阿倍野区)ののりや、無添加手作りすり身・さつま揚げ専門店「カワノすりみ店」(鹿児島県)の塩辛、梅農家「松本農園」(三重県)の梅干し、7代続くしらす店「山利」(和歌山県)のちりめんサンショウ、「土佐キムチ」(高知県)の大根キムチ、ユズを使った商品を扱う「柚(ゆず)りっ子」(徳島県)のユズみそなどを用意。食べ放題のご飯と共に食べ比べができる。

[広告]

 そのほか、3~4種類の米を用意する「利き米選手権」(1日1回、定員10人)、日本酒や甘酒をラインアップする「糀(こうじ)BAR」(キャッシュオン制)、餅を作る生産者を招いた「餅つきワークショップ」(1日2回、試食付き)も用意。提供する米は販売もする。

 開催時間は11時~16時。入場料は1,000円ほか。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞