買う

原宿・竹下通りに「ビックカメラセレクト」1号店 女子高・大学生、外国人旅行客意識

「ダイソー原宿店」の外観。写真左手路面に「ビックカメラセレクト原宿店」のエントランスを設ける

「ダイソー原宿店」の外観。写真左手路面に「ビックカメラセレクト原宿店」のエントランスを設ける

  • 90

  •  

 原宿・竹下通り沿いに11月28日、ビックカメラ(豊島区)の新業態1号店「ビックカメラセレクト原宿店」(渋谷区神宮前1)がオープンする。

 従来のビックカメラで取り扱う商品の中から、出店地域の特性や環境に合わせて取扱商品を変えるセレクト業態で、非家電製品を中心にラインアップする同ブランド。

[広告]

 1号店となる同店の場所は100円均一ショップ「ダイソー原宿店」内で、両店舗が併設する店舗になるが、レジは別となる。「ビックカメラセレクト原宿店」は建物内の地下1階のワンフロアと地上1階の一部で面積は約330平方メートル。両店舗の1階はつながっていないが、両店舗内の階段で地下1階に行くことができる。「歯を磨く=電動歯ブラシ+歯磨き粉」などのように、コトをベースに家電と日用品を一緒に陳列するといい、ドライヤーや美顔器などは試せるように展示し、隣接して化粧品を試せるカウンターも設置する予定。

 原宿店は、女子高・大学生を意識してインスタントカメラ「チェキ」や文房具、雑貨を中心にセレクトするほか、同世代に「人気の」美容家電や化粧品をラインアップ。国内外問わず観光客が多いことから、旅行用品や土産などの品ぞろいにも注力するという。

 商品構成は、地下1階=薬、化粧品、日用品、スーツケース、旅行用品、美容家電、調理家電、掃除機、地上1階=スマートフォンアクセサリー、オーディオアクセサリー、カメラ、文房具、雑貨、お土産、酒(予定)。家電商品は、外国人旅行客に「人気の高い」商品や海外の電圧にも対応している商品を扱う。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞