3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

NHK放送センターなどでスポーツの祭典 車いすテニス、3×3など競技体験も

全長36メートルのLEDビジョンにアスリートの動きを再現した3Dアバターを映し出す「ATHLETES IN MOTION」のイメージ

全長36メートルのLEDビジョンにアスリートの動きを再現した3Dアバターを映し出す「ATHLETES IN MOTION」のイメージ

  • 22

  •  

 NHK放送センター(渋谷区神南2)や代々木公園・ケヤキ並木で10月28日・29日、スポーツの祭典「Nスポ!」が開催される。主催はNHK。

 2020年の東京五輪・パラリンピック1000日前に当たる28日から行う同イベントは、「東京2020(スポーツ・健康)」公認プログラムとして、五輪・パラリンピック競技を中心にスポーツを体験できるコンテンツを展開する。陸上・十種競技の元日本チャンピオンであるタレントの武井壮さんが「応援団」として会場を盛り上げる。

[広告]

 体験競技は、難易度の違うウオールでのクライミングや、2020年の東京五輪で追加種目となった3人制バスケットボール「3×3(スリーバイスリー)」、ウィルチェアーラグビー、スケートボード、ブラインドサッカーなどを予定。

 特設のコートで行うテニス体験コーナーでは、元テニスプレーヤーの佐藤直子さんと森上亜希子さんが、車いすテニス体験では、リオパラリンピック男子車いすテニスダブルス銅メダリスト齋田(さいだ)悟司さんらが、それぞれ講師を務める。ロンドン五輪男子体操団体銀メダリスト田中和仁さんら体操選手による鉄棒・あん馬・トランポリンのデモンストレーションでは、アテネ五輪男子体操団体金メダリスト米田功さんが実演解説を行う。

 そのほか、昨年の世界ジュニア選手権大会男子シングルスで優勝した卓球・張本智和選手やサッカー元日本代表・福西崇史さんのトークショー、「360度全方位VR」や「スマートグラス」など先端技術を通したスポーツの体験コンテンツも用意する。

 ケヤキ並木には、全長36メートル×高さ最大4メートルのLEDビジョンを設置。NHKの過去のスポーツ関連番組からデータを抽出した、陸上のウサイン・ボルトさん、体操の内村航平選手、パラリンピック走り幅跳びの鈴木徹選手らアスリートの動きを再現した「3Dアバター」を映す「ATHLETES IN MOTION」を展開。ビジョンの前を人が通るとモーションセンサーが動きを感知して動きの軌跡を表示するインタラクティブな仕掛けも用意している。

 ハロウィーン間近ということもあり、会場内5カ所には約2メートルの「おばけかぼちゃ」バルーンを装飾するほか、大河ドラマや映画の特殊メークを手掛ける江川悦子さん監修の特殊メーク体験や写真撮影コーナーなども展開。28日にはNHK敷地内で更衣室を開放し、着替えに使えるようにする。

 28日(18時~20時45分)には、NHK前の広場でハロウィーンパーティーを開く。お笑いコンビ「エレキコミック」がMCを務め、4人組女性アイドルグループ「夢みるアドレセンス」らがライブを行うほか、お笑い芸人・渡辺直美さんがゲスト出演する。

 開催時間は10時~16時(29日は一部21時まで)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞