3密を避けて新しい生活様式へ!

渋谷で働き方の祭典 TOKYO WORK DESIGN WEEK 「発注」テーマのプログラムも

昨年の様子

昨年の様子

  • 88

  •  

 渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)8階の「コート」をメーン会場に11月17日~23日の7日間、働き方の祭典「TOKYO WORK DESIGN WEEK(TWDW) 2017」が今年も開催される。

 23日の「勤労感謝の日」前後に開催する同イベント。20~30代の「新しい働き方」や「未来の働き方」を模索する対話の場を目指して2013年に初めて開催され、これまで延べ約1万3000人を動員してきた。

[広告]

 5回目となる今回のテーマは「勤労に、感謝を。」。TWDWオーガナイザーの橫石崇さん(&Co社長)は「勤労感謝の日とは“勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝し合う”こと。国民が互いに感謝し合う機会はなかなかない(笑)。こんな素晴らしいコンセプトに乗っかるカタチで、昨今増える働き方に関するギスギスした問題や課題を忘れて働くことを素直に喜べる7日間になれば」と期待を込める。

 イベントはトークセッションとワークショップ、エキシビションなど40以上のプログラムから成る。トークセッションでは、新世代リーダーのプレゼンテーションやシンポジウムなどを行い、渋谷ヒカリエ以外でも都内各所や大阪、逗子のサテライト会場でも開く。

 11月17日は、オープニングイベントとして「働き方を変える100人会議」を開催。「これからのスタンダードを創る100人が集まってみたら、どうなるんだろう」(横石さん)という好奇心から生まれたという。

 渋谷ヒカリエ会場でのトークセッションの主なテーマは以下。18日=「40歳が社長になる日」「人生100年時代のキャリア戦略」、19日=「最強の“チームの法則”」「パワー オブ オフィス」、20日=「U30の働き方現在地」「会社が学び舎になる日」、21日=「物語る組織を創ろう」「プロデュースおじさんの組織論。」、22日=「あなたの仕事に、愛と尊敬はありますか?」、23日=「ダメな発注が、仕事を台なしにする」「発注が変われば、世界が変わる」ほか。「40以上のプログラムがあってどれもお薦めだが、見どころは『発注』をテーマにしたプログラム。発注について一日かけてみんなで考える、今までにないテーマで挑む」(横石さん)

 ギャラリースペース「CUBE」(渋谷ヒカリエ8階)では、衣服生産プラットフォーム「sitateru」とのコラボレーションによる「WORKWEAR FUTURE-未来のはたらく服 展」を開催。「ワークウェアの概念を打ち破るような展示」(横石さん)になるという。

 プレイベントとして11月10日、樋口泰行パナソニック代表取締役と林千晶ロフトワーク社長による対談イベント「企業と個人の理想的な関係」が100BANCH(渋谷3)で開催される。

 有料イベントのチケットは現在、販売中。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞