買う

表参道に米発ジュエリー「チャン・ルー」旗艦店 ブランド設立20年

フィンランドのインテリアブランド「Artek」の什器を配置する店内イメージ

フィンランドのインテリアブランド「Artek」の什器を配置する店内イメージ

  •  
  •  

 表参道ヒルズ裏手に10月21日、米発ジュエリーブランド「CHAN LUU(チャン・ルー)」の旗艦店(渋谷区神宮前4)がオープンする。経営はチャンルージャパン(同)

 ロサンゼルスを拠点とする同ブランドは、ベトナム出身のデザイナー、チャン・ルーさんが1996年に設立。ハンドメードを中心としたアイテムは、ルーさんのライフワークである「旅」を通して体感した各国の伝統や文化にインスピレーションを受けたデザインで、素材には天然石や半貴石を使うことが多い。

[広告]

 設立20周年を機に、ルーさんがディレクターを退任し、姪のテッサ・トランさんが新たに就任。ロゴをオレンジから黒に変えたほか、エスニックなイメージから「ミニマルでコンテンポラリー」なイメージへ変化させるビジュアルを打ち出すなどしている。

 新たなコンセプトを反映する初の店舗となる同店。建築家・安藤忠雄さん設計のビルに入居する同店の店舗デザインは本国ロサンゼルスの店舗同様、米建築家マーク・リーさんが担当。白とグレーを基調とする店内には、フィンランドのインテリアブランド「Artek(アルテック)」のウッド什器(じゅうき)を配置する。同ビル地下にはショールームを設置し、地上2階・3階に同社の本社機能を移した。

 同店では、日本でも広く知られるラップブレスレットなどのアクセサリー類(2万円~3万円)に加え、国内では初披露となる14金やダイヤを用いた高価格帯のジュエリー「High Line」(5万円~80万円代、中心価格は15万円~25万円)も取り扱う。

 営業時間は未発表。

  • はてなブックマークに追加