見る・遊ぶ 買う

原宿に国内最大「アシックス」旗艦店 3ブランド取り扱い、国内初

明治通りと竹下通りの交差点に位置する店舗概観イメージ

明治通りと竹下通りの交差点に位置する店舗概観イメージ

  •  
  •  

 原宿・明治通り沿いに10月6日、「アシックス原宿フラッグシップ」(渋谷区神宮前1)がオープンする。経営はアシックスジャパン(神戸市)。

白を基調に木目の重機などを配置する店内のイメージ

 2009年にランニングに特化した国内2店舗目(当時)の直営店として表参道沿いにオープンし、今年2月に閉店した店舗を移転・リニューアルする同店。

[広告]

 場所は明治通りと竹下通りが交わる交差点に建てられた高層ビルの1階。店舗面積は約672平方メートルで、国内最大規模となる。店内は、ホワイトを基調に木目調の床や什器(じゅうき)を配置する「明るく開放的な雰囲気」に仕上げる。イベントスペースを併設し、ヨガなどの「コト体験」の提供も行う。新たな取り組みとしてタブレットPOS時を導入する。

 同店では、「アシックス」、スポーツライフスタイルブランド「アシックスタイガー」、アウトドアブランド「ホグロフス」の3ブランドを国内で初めて総合的に扱う。「アシックス」=ランニング・競技用などのシューズ、ウエア、野球日本代表(侍ジャパン)ライセンス商品など、「アシックスタイガー」=シューズやウエアなど、「ホグロフス」=ウエアやバックパックなど、「ザバス」のサプリメント類をそろえる。

 サービス面では、アシックススポーツ工学研究所と連携し、女性をコアターゲットにした新計測サービス「ASICS FITNESS LAB」(3万円~6万円)を試験導入するほか、足形やランニング時の足の運びに応じてシューズを提案する計測サービス「ASICS FOOT ID」、三次元人体形状計測をしてタイツのカスタムオーダーができる「ASICS Custom Apparel Service」(2万円)も導入。訪日外国人向けに購入した商品が羽田・成田空港で受け取れる「エアポートデリバリーサービス」も用意する。

 営業時間は11時~21時(土曜・日曜・祝日は20時まで)。

  • はてなブックマークに追加