食べる

恵比寿駅東口に飲食商業施設「ジェムズ」 桜丘町から「串焼きもんじろう」移転

「GEMS恵比寿」外観

「GEMS恵比寿」外観

  •  
  •  

 恵比寿駅東口に9月7日、飲食に特化した商業施設「GEMS(ジェムズ)恵比寿」(渋谷区恵比寿1)がオープンした。

桜丘町から移転した「串焼きもんじろう」

 2012年から野村不動産グループが展開する「ジェムズ」ブランド。渋谷をはじめ現在東京都内に4施設を展開している。5カ所目となる恵比寿は「食通の人が多い」イメージから施設コンセプトを「食の街のランドマーク」と設定し、「話題性の高い繁盛店」を誘致。近隣のオフィスワーカーの利用を中心に見据えるが、「女性が多い」街の特性も意識。既存施設より「ハレの日用の店が多くなった」という。

[広告]

 敷地面積は271.14平方メートル。延べ床面積は地下1階~地上8階の9フロア計1448.69平方メートル。低層部の外壁は、「街のイメージを生かした」レンガ調に仕上げ、上層階は木目調の外壁で「温かさ」を演出し、「隠れ家的な飲食店の集積」をイメージ。3階・4階・7階はウッドデッキのバルコニーを設置し開放感を演出する。1階にはデジタルサイネージを導入し、各店舗の営業情報などを表示する。

 1フロアに1店舗、計9店舗(約115.702~148.76平方メートル)が出店する。地下1階は日本酒ダイニング「秋田純米酒処(どころ)秋田比内地鶏生産責任者の店 本家あべや」。席数は47席(5~8人1室の半個室あり)。秋田の日本酒と比内地鶏など秋田の食材を使った料理のマリアージュを提案する。客単価は7,000円。営業時間は17時~翌3時(日曜・祝日は13時~23時)。

 1階には、ベルギー発ビアバー「Delirium(デリリウム)Cafe」が石窯で焼き上げる肉料理と野菜料理と共にビールを提供する「Delirium Cafe EBISU The Roast」として出店。席数は68席(10~12人1室の半個室あり)。メニューは肉の石窯ロースト(3種類3,758円~)、「アルコール中毒による幻覚症状」という意味のビール「デリリウム・トレメンス」(アルコール度数8.5%、745円)など。客単価は昼=1,000円~1,500円、夜=3,500円~6,000円。営業時間は11時30分~24時(日曜~火曜は23時まで)。

 2階は中目黒や神楽坂に系列店を展開するイタリアン「TRATTORIA VIACE恵比寿」で、席数は74席(4人3室の個室有り)。客単価は昼=1,000円、夜=4,000円~5,000円。営業時間は昼=11時30分~15時、夜=18時~24時。3階に出店する肉を中心としたイタリアン「CARNESIO(カルネジーオ)east」は、恵比寿駅西口にも店舗を構える人気店。席数は60席(5~8人1室の個室あり)。客単価は6,000円~7,000円。営業時間は17時30分~翌2時。

 4階には「串焼きもんじろう」本店が渋谷・桜丘町から移転。席数は63席。ねぎま(110円)、ロメインレタス巻き(250円)、フォアグラつくね(400円)などの串焼きとワインのマリアージュを提案。客単価は昼=500円~、夜=4,000円。営業時間は昼=11時30分~15時、夜=17時30分~23時30分。5階はまき火料理を取り入れるスペイン食堂「FRAGANTE HUMO(フラガンテ ウーモ)」で、席数は68席(10人1部屋の半個室あり)。メニューはボードから好きな部位を選べる肉のロースト、赤エビやカキの鉄板焼き(1,296円)など。客単価は昼=1,100円、夜=4,000円。営業時間は昼=11時~15時、夜=17時~24時。

 6階はアジアンビストロ「Dai」の新業態「Nouvelle Ethnique Atha(ヌーベルエスニック アタ)」。席数は65席(6人1室の個室あり)。化学調味料を使わないで作るガパオライス(昼=1,404円、夜=1,598円)、比内地鶏のフォー(同=1,620円、同=1,706円)などをラインアップ。客単価は昼=1,200円~1,500円、夜=6,000円~8,000円。営業時間は昼=11時30分~15時、夜=17時30分~24時(バーは23時~翌5時、日曜・月曜定休)。

 7階はフルコースのフレンチレストラン「Restaurant La Releve(ラ・ルレヴ)」。席数は32席(8~12人1室の個室あり)。客単価は昼=3,500円、夜=1万5,000円。営業時間は昼=12時~13時30分(ラストオーダー)、夜=18時~21時30分(同)。水曜定休。最上階は南青山にも店舗を構える焼き肉店「YORONIKU 蕃ebisu」。席数は58席(4人1室、10人1室の個室あり)。客単価は1万円。営業時間は17時~24時。

 オープン記念として各店では、メニューには載せない、知っている人だけが注文できる「裏メニュー」を用意している。メニュー例は以下の通り。デリリウムカフェ=石窯で焼き上げる岩手のブランド牛・門崎熟成肉の専門店「格之進」のハンバーグ2個などをパン店「馬場フラット」のバンズに挟む「石窯でリリ生むバーガー」(2,700円)、串焼きもんじろう=「濃厚鶏ラーメン」(486円)、YORONIKU=牛肉・トリュフ・卵の黄身を混ぜて食べる「ぶっかけ泡立てトリュフ」(時価)など。いずれも今月30日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞