食べる 買う 学ぶ・知る

渋谷・公園通りにミクシィ「XFLAG」初常設店 グッズショップ、カフェ、ステージ併設

大型タッチディスプレー(右奥)が特徴的な1階グッズ売り場

大型タッチディスプレー(右奥)が特徴的な1階グッズ売り場

  •  
  •  

 渋谷・公園通りに5月26日、「XFLAG STORE SHIBUYA」(渋谷区神南1、TEL 03-5738-6660)がオープンする。経営はミクシィ(東1)の子会社XFLAG STORE(同)。

タッチディスプレーで商品を選ぶスタイル

 ミクシィ内の事業部で、スマートフォンアプリRPG「モンスターストライク(モンスト)」などのゲームや映像コンテンツを手掛ける「XFLAGスタジオ」の店舗となる同店。これまでグッズの期間限定店を各地で出店するなどしてきたが、常設店は初の出店で、イベントステージとミクシィグループ初の飲食事業となるカフェを併設する。

[広告]

 場所は「アルマーニエクスチェンジ」跡。店舗面積は、地下1階=155.8平方メートル、地上1階=130平方メートル。1階はショップ、地下1階はカフェスペース(約40席)とステージエリアで構成。

 ガラス張りの1階はグレーやシルバーを基調に「近未来的な売り場」に仕上げた。55インチのディスプレーを24枚組み合わせた大型タッチディスプレーが特徴で、商品紹介から購入まで対応。利用には同店専用のアプリが必要で、スマートフォンの画面上にアプリのQRコードを表示してコードリーダー(6台)にかざしてログインすると、ディスプレーに商品が表示される。購入したい商品を選んだ後、スマートフォンを持ち上げると買い物が終了。同様のサービスを提供するiPad3台も用意する。レジに置くコードリーダーにアプリのQRコードをかざすと会計でき、商品は専用のカウンターで受け取る。

 ショップでは、オックスフォードシャツ(8,640円)や手帳型スマホケース(4,320円)、コルクコースターセット(1,620円)、「オラゴン」の100センチぬいぐるみ(2万3,760円)、ゴールドのペンダントトップ(10万8,000円)など、オープン時は42商品を取り扱う。商品はサンプルとして1個ずつ実物を置いてはいるものの、在庫は全てバックヤードにストックするため、店内はすっきりとした空間になっている。

 カフェ(運営は外部に委託)では、キャラクターや作品の世界観をモチーフにしたオリジナルメニューを提供。「パンドラ」の顔や「ぜつぼうくん」をご飯ともなかで表現したカレー(1,382円)や、「オラゴン」のもなかを添えるスープ(クリームシチューorミネストローネ、1,058円)、作中の5属性色をイメージしたノンアルコールカクテル(648円)など。ラテ(540円)は、ホットのみ「オラゴン」など3種類から選べるラテアートをサービスする。

 ステージでは、モンストをはじめとするXFLAG関連のイベントを定期的に開いていく予定。

 営業時間は11時~21時(120分入れ替え制、現在は完全予約制)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞