食べる

外苑前にカフェ&ビストロ「カフェドナチュール」 ユニマットプレシャス新業態

青山通りに面した店舗外観

青山通りに面した店舗外観

  • 0

  •  

 外苑前駅近くに3月22日、カフェ&ビストロ「CAFE DE NTURE(カフェドナチュール)」(港区南青山2、TEL 03-6434-5983)がオープンした。経営はユニマットプレシャス(同)。

らせん階段を象徴的に配置する1階

 ホテルやゴルフ場、レストランなどを展開する同社の新業態1号店となる同店。同エリアへの「必要性を感じた」ことや、今後の多店舗化も視野に同業態を選んだという。コアターゲットは40~50代の大人。

[広告]

 同店は、THINK GREEN PRODUCE(神宮前6)がディレクションを手掛けるほか、レストラン「HOUSE」(港区)やカフェレストラン「TODAY'S SPECIAL KITCHEN」(目黒区)の総料理長を務める谷裕二さんがフードを、フレンチレストラン「PATH」(渋谷区富ヶ谷1)のオーナーパティシエ後藤裕一さんがスイーツを、それぞれ監修している。

 店舗面積は約75坪で、席数は154席(1階69席、テラス20席、2階65席)。店舗中央にはらせん階段を象徴的に配置。パリのカフェを想起させる店内には、パリにあるカフェの写真を飾り、テラスには丸テーブルやトウの椅子を配置するなどしている。フロア構成は、1階=カフェ、2階=ビストロ。1階にはテークアウト専用のブーランジェリーコーナーを併設し、店内で焼くパンやサンドイッチなどを販売する。

 ランチ(15時まで)には、ケール&グリーンベジタブルサラダ(1,404円)や岩手県産長谷川自然豚のロースト(1,836円)などのプレートや、5種類の中からメインを選べるセット(2,052円)などを用意。ディナーには1・2階共通=エビ&ミックスマッシュルームのアヒージョ(972円)や3種のテリーヌプレート(3,024円)、2階のみ=サフランライスに桜エビのかき揚げをのせる丼(1,944円)、北海道産エゾジカロースト(3,240円)、米を使って作るフランスのデザート「リオレ」(864円~)などを提供する。

 ドリンクは仏産オーガニックワインを中心に、クラフトビールやリキュールなどをそろえる。客単価は、ランチ=1階1,500円ほど、2階=2,000円ほど、ディナー=同3,000円ほど、同7,000円ほどを見込む。

 営業時間は11時~23時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞