見る・遊ぶ

表参道・ケヤキ並木にイルミ点灯 シャンパンゴールド色のLED50万個超

イルミネーションが点灯した表参道

イルミネーションが点灯した表参道

  •  
  •  

 表参道のケヤキ並木に12月1日、イルミネーションが点灯した。主催は商店街振興組合原宿表参道欅会。

約500メートルにわたりLED50万個以上を装飾

 1991年に約300メートルの規模で試験的に始まり、翌1992年から本格的に行われている同所のイルミネーション。以降毎年行われていたが、見物客に対する周辺住民の不満などから1998年に中止。2009年に復活するも2012年にはスポンサーが付かず低木のみの装飾となった。2014年からは協賛が集まりケヤキにも点灯されることとなった。点灯にはLED電球の購入費や設置費、警備費などを含めて約7,000万円が掛かり、約1カ月かけてケヤキに装飾している。

[広告]

 イルミネーションは、表参道交差点から神宮前第二歩道橋まで500メートル強のケヤキ約100本と、明治神宮入り口から青山通りまで約1.1キロの低木にシャンパンゴールド色のLED50万個以上を装飾。今年はLEDを新調し、「少し大きくした」ことから「華やかさが増しているのでは」と担当者。

 初日の12月1日に日本看護協会ビル(神宮前5)前で開かれた点灯式には、女優・剛力彩芽さんらが参加。所属事務所が近いこともあり「小学生のころから当たり前のように見ていた。(点灯式のオファーが)いつ来るかと期待していた」という。

 10秒後のカウントダウン後ボタンを押し一斉に点灯すると「感動で胸がいっぱい。何時間でも見ていられる」とうっとりした様子。「直接見に来てほしい」と呼び掛けた。

 同会理事長の松井誠一さんは「最初の点灯から25年。表参道は緑が多く美しい通りだが、デザインもすごい。どこにいても通り全体が見えることに気付かされた。2020年のオリンピックに向けて今から多くの方をお迎えし、街や日本のファンになってもらい、また日本に来てもらいたい」と話す。

 神宮前生まれ・育ちの長谷部健渋谷区長は「表参道は明治神宮の参道。日本の文化にいろいろなものが交ざり合って新しい価値・文化が生まれている街。それを心の片隅に置きながら冬の風物詩になった表参道のイルミネーションを楽しんでいただきたい」とも。

 点灯時間は日没~22時。今月25日まで(低木は2017年1月4日まで)。点灯時間中はエリアの歩道橋は通行禁止となる。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞