食べる

表参道の英発デリカフェに限定「かき氷屋台」 かき氷ブランド「氷舎mamatoko」とコラボ

かき氷屋台のイメージ(過去に吉祥寺で開催した際の様子)

かき氷屋台のイメージ(過去に吉祥寺で開催した際の様子)

  •  
  •  

 表参道の英ロンドン発デリカフェ「FRANZE&EVANS LONDON表参道」(渋谷区神宮前4、TEL 03-5413-3962)内に7月30日・31日、かき氷ブランド「氷舎(ひょうしゃ)mamatoko」とコラボレーションしたかき氷屋台が出店する。

シトラスのシロップをかけてパインの果肉やメレンゲなどをトッピングする「シトラスとメレンゲのタルト風」

 「氷舎mamatoko」は、年間約1800杯のかき氷を食べ歩いているという原田麻子さんが手掛けるかき氷ブランド。フルーツなどの素材を使い手作りするシロップが特徴で、これまでに約100種類のメニューを開発してきたという。

[広告]

 屋台では、同店で提供しているスイーツをイメージしたかき氷2種類を提供する。氷は純氷を使い、当日は原田さん自身が店頭で氷を削るという。味は、シトラスのシロップをかけ、パインの果肉やライム、ピスタチオ、メレンゲなどをトッピングする「シトラスとメレンゲのタルト風」と、スパイスを効かせたチャイのシロップにミントクリーム味のクリームをかける「ブラックスパイスチャイとミントクリーム」。価格は各1,026円。各1日50杯限定。

 提供時間は11時~で、各日10時から店頭で整理券を配布する。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞