食べる

ビール用タップで注ぐ「泡プレッソ」、代官山のクラフトビールダイニングで限定提供

約50ミクロンの泡が特徴的な「泡プレッソ」

約50ミクロンの泡が特徴的な「泡プレッソ」

  • 0

  •  

 代官山駅近くの商業施設「ログロード代官山」(渋谷区代官山町)のクラフトビールブルワリー併設ダイニング「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」で7月27日から、ビール用タップで注ぐコーヒー「泡プレッソ Ultra Creamy Iced Coffee」が夏季限定で提供される。

ビール用タップ「スゴ泡タップ」で注ぐ

[広告]

 キリンビール(中野区)の子会社スプリングバレーブルワリーが運営する同店。コーヒーの「サードウエーブ」を背景に、コーヒーの「新しい飲み方」を提案。「情報感度の高い」20代後半~30代の女性などをターゲットに据える。

 「泡プレッソ」は、約1年かけて開発した独自のビール用タップ「スゴ泡タップ」で注ぐコーヒー。窒素ガスでコーヒーの中に、一般的なビールの約100~150ミクロンより小さい約50ミクロンの泡を作り出すことで「クリーミーな口当たり」を目指した。豆は、キーコーヒー(港区)の「氷温熟成珈琲(コーヒー)」を使い、8時間かけて水で抽出する。価格は750円。

 提供時間は10時~17時30分(初日は11時~を予定)。8月31日まで(予定)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース