見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「仲良し度」で色が変わるイルミネーション、表参道に登場 頬くっつけて写真撮影

密着度などから「仲良し度」を診断して背後のケヤキのLED電球の色が変わる

密着度などから「仲良し度」を診断して背後のケヤキのLED電球の色が変わる

  • 0

  •  

 表参道・神宮前交番横の「まちかど庭園」(渋谷区神宮前4)に12月25日まで、来街者同士の「仲良し度」で色が変化するイルミネーションが登場している。

頬同士をくっつけるとシャッターが下りる

 現在表参道のケヤキ並木で展開しているクリスマスイルミネーションの一環。協賛するLINE(渋谷2)が「大切な人と、もっと近くに。」をテーマにしていることから、「大切な人との距離が近くなったこと」を体感できる企画として行っている。

[広告]

 色が変化するイルミネーションは、ライゾマティクス(港区)の建築部門が手掛けた「#ピタフォト イルミネーションブース」に登場。電極を仕込んだ棒を持ち参加者が頬同士をくっつけると、ブースに設置する参加者自身のスマートフォンのシャッターが降り、LINEオリジナルのフレームで写真が撮れる。同時に、密着度などから「仲良し度」を診断して同所のケヤキ1本のLED電球の色が変化するようになっている。

 実施時間は16時~21時。参加無料。雨天決行。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞