食べる

原宿に英発カップケーキ「ローラズ・カップケーキ」日本1号店

店内イメージ

店内イメージ

  • 0

  •  

 原宿駅近くに10月3日開業する商業施設「CASCADE HARAJUKU(カスケード原宿)」(渋谷区神宮前1)に同日、英発カップケーキブランド「LOLA'S Cupcakes(ローラズ・カップケーキ)」の日本1号店「ローラズ・カップケーキ東京」がオープンする。経営はA&S&R(世田谷区)。

常時15種類擁するカップケーキのイメージ

[広告]

 2006年に幼なじみの2人が立ち上げた同ブランド。当初は、オーダーを受けてから車で配送するオーダーメードスタイルで販売を始めたが、数年後には百貨店「ハロッズ」「セルフリッジズ」に出店。現在はロンドンを中心に英国内で15店舗を構えているほか、国外ではサウジアラビアやドバイなどにもフランチャイズ展開している。

 日本1号店となる同店の延べ床面積は95平方メートル(キッチンなどを含む)。席数は10席を用意。

 英本店で研修を受けたパティシエが作るカップケーキを提供し、常時15種類をレギュラーとタイニーの2サイズで用意する。フレーバーは、ロンドンで「一番人気」という「レッドベルベッド」(レギュラー518円、タイニー281円)や、チョコレート生地にガナッシュクリームをのせた「チョコレート・ヘブン」(同605円、同324円)など。

 併せて、バニラの香りがするプレーン生地に白あんを練りこんだクリームの「東京バニラ」(同518円、同270円)や、蒸しぐりのペーストを練り込んだクリームが特長の「モンブラン」(同605円、同324円)など、和菓子をイメージさせるようなデザインと日本人向けの素材を中心に開発した日本限定フレーバー4種類も提供する。

 同商業施設は表参道から1本入った路地に位置し、延べ床面積は地下1階~地上3階の4フロアで1695.59平方メートル。20~30代に食を提案する空間として、7店舗が出店を控えている。

 営業時間は11時~20時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース