食べる

表参道の商業空間で「スパイスフェス」 レトルト「ボンカレーネオ」新味発売で

会場となるCOMMUNE246

会場となるCOMMUNE246

  •  
  •  

 表参道の屋外型コミュニティー商業空間「COMMUNE246」(港区南青山3)で8月27日、「スパイスフェス」が始まった。

レトルトカレーの作り方を表現したプロジェクションマッピング

 今月24日にレトルトカレー「ボンカレーネオ」の新フレーバーを発売した大塚食品(大阪市中央区)とコラボレーションした同企画。

[広告]

 期間中、国産玉ねぎと赤ワインでローストした牛肉を仕込んだ「とろけるデミグラス欧風」、あめ色に炒めた玉ねぎをベースに大きめにカットする野菜などの「コクと旨(うま)みのオリジナル」(以上中辛)、あめ色に炒めた玉ねぎとローストしたカシューナッツペースト、オリジナルブレンドのスパイスを加える「薫(かお)り立つスパイスインド風」(辛口)の新フレーバー3種類の試食を用意する。

 場内のドームでは3枚の白い皿にプロジェクションマッピングを上映。同商品の商品過程を表現したアニメーションで「(長期保存が可能なレトルトカレーには)保存料が入っているのではないか」という誤解を払しょくしたいという。

 同空間内の11店舗は、スパイスをテーマにした限定メニューを提供する。メニューは、BHARAT SPICE LABO=砂肝のオイル煮「砂肝のアジャール」(500円)、TonPai kitchen=2種類のバジルを使った「ガパオごはん」(800円)、FISH COOPスタンド=数種類のハーブでマリネしたマグロのスベアリブプレート(1,000円)、GARTEN=隠し味にシナモンやハーブを入れて漬け込んだ自家製レモネードスカッシュ(700円)など。

 開催時間は11時~21時(最終日は18時まで)。入場無料。今月30日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞