表参道で米地ビール「ブルームーン」ウエディングイベント 月に2度目の満月に合わせ

拠点となる「Seasons Stand by BLUE MOON」

拠点となる「Seasons Stand by BLUE MOON」

  •  
  •  

 表参道の屋外型コミュニティー商業空間「COMMUNE246」(港区南青山3)内のポップアップスタンド「Seasons Stand by BLUE MOON」で7月31日、ウエディングイベント「Once in a BLUE MOON」が開催される。

 米発クラフトビール「ブルームーン」を国内展開するモルソン・クアーズ・ジャパン(桜丘町)が、3年~5年に一度の周期数で巡ってくる、月に2度目の満月「ブルームーン」の日に合わせたもの。月に2度目のあまり見ることができないことから、「Once in a Blue Moon」という言葉は「めったにない」などの意味でつかわれるようになったとも言われている。

[広告]

 同ビールのパッケージに青い月が描かれていることから、結婚式当日に花嫁が身に着けると幸せになれる習慣「サムシング・フォー」の一つ「サムシング・ブルー(=青いもの)」にちなみ、一夜限定のウエディングイベントを開く。当日は移動式チャペルSan ta Flamingo」を設置し、写真撮影などができるようにするほか、ジャズライブやDJなどが場内を盛り上げる。

 マルシェでは、ブルームーンビールを使ったケーキなどを販売する「Pomponcakes」、ブルームーンビールの王冠キャップと瓶をリメークしたハーブプランターアロマブレスレットを販売する「plusrip store」、望遠鏡や双眼鏡などを手掛ける「ビクセン」、タレントのMEGUMIさんが プロデュースする子ども服&セレクトショップ「CALMA」などが出店。一部の店舗では、アイシングクッキーやミニスワッグ(ドライフラワーのブーケ)作りなどのワークショップも行う。

 当日の満月は19時43分予定。開催時間は16時30分~22時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞