「ヱビスビール記念館」5周年で記念企画-ブランド誕生125周年

ギャラリーに新設したゴールドを基調にした一角

ギャラリーに新設したゴールドを基調にした一角

  •  
  •  

 恵比寿ガーデンプレイス内の「ヱビスビール記念館」(渋谷区恵比寿4、TEL 03-5423-7255)で2月25日、開館5周年・エビスビール誕生125周年を記念した企画が始まった。

 2月25日は1890(明治23)年の同日に初めて「恵比寿ビール」が発売された日で、日本記念日協会から認定を受けている「ヱビスの日」。同時に同館の開業日でもある。

[広告]

 エビスビールの誕生から現在に至るまでをパネルや映像、当時の資料などで紹介する「ヱビスギャラリー」には、1994年から現在までを紹介するコーナーとしてゴールドを基調にした一角を新設。同商品のCM曲で知られ、JR恵比寿駅の発車メロディーにも採用されている映画「第三の男」のテーマ曲の手回しオルゴールも置いている。

 テイスティングサロンでは、開館5周年記念メニューとして、エビスビール・琥珀(こはく)エビス・エビスプレミアムブラック各1杯、つまみ1種、5周年を記念したグラス2個が付く「アニバーサリーセット」(2,000円)を期間限定で提供する。

 ミュージアムショップには新アイテムを導入。5周年を記念したグラス(620円)や、「ご祝儀着物手ぬぐい」(800円)、「Museum of YEBIS BEER」の文字を刻印した「大人の鉛筆」(500円)など8種類。

 サッポロビール(同)が運営する同館は2010年2月、「恵比寿麦酒記念館」跡に開館。ブランドコミュニケーターによるツアー(大人500円ほか)も実施している。昨年9月には来館者数100万人を突破した。

 開館時間は11時~19時。入館無料。月曜休館。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞