原宿の新商業施設にエンタメ・コラボカフェ「エリア・キュー」-第1弾は乃木坂46

「エリア・キュー」の店内イメージ

「エリア・キュー」の店内イメージ

  • 0

  •  

 原宿・明治通りに3月27日に開業する商業施設「キュープラザ原宿」(渋谷区神宮前6)7階のエンターテインメント・コラボレーションカフェ「AREA-Q(エリア・キュー)」が同日から、「乃木坂46カフェ~命は美しい~」として営業する。

モニターなどを備える「エリア・キュー」の店内イメージ

 スペースシャワーネットワーク(港区)とソニー・ミュージックコミュニケーションズ(新宿区)が共同運営する同店。音楽や映画、アニメ、ゲームなどのエンターテインメントコンテンツとコラボレーションし、同じコンテンツのファンが集まるコミュニティースペースを創出する。

[広告]

 オープニング企画となる同カフェはアイドルグループ「乃木坂46」とコラボレーション。一般企業でも働く「OL兼任」メンバーの新内眞衣さんが「カフェマネジャー」として、フード・ドリンクメニューなどをプロデュース。総合美術展示会「二科展」デザイン部門に3年連続入賞しているメンバーの若月佑美さんがデザインするカフェ限定グッズも販売する。期間中、店内には衣装などの展示物を配置し、モニターではさまざまな映像を流す。

 入店料は2,700円(別途ドリンク代500円がかかる)で、オリジナルのミールボックス(2種選択)のほか、ランチョンマット、コースター(全38種からランダム)、プラカップが付く。席数は100席。

 営業時間は10時~22時(各日5回、完全入れ替え制)。水曜は女性限定。予約制で、現在選考抽選申し込みを受け付けている。5月10日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞