見る・遊ぶ

スパイラルでラーメンズ・小林賢太郎さん個展-自作舞台美術100点超

アトリエ(手前)や楽屋(奥)をイメージした一角も設置する場内

アトリエ(手前)や楽屋(奥)をイメージした一角も設置する場内

  •  
  •  

 スパイラル(港区南青山5、TEL 03-3498-1171)1階スパイラルガーデンで現在、「小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術 展」が開催されている。

角度を変えて見ると11体目の妖怪が見えてくる「十鬼夜行」

 コントグループ「ラーメンズ」で知られる小林賢太郎さんは1973(昭和48)年生まれ。多摩美術大学出身。1996年に片桐仁さんと結成したラーメンズのほか、劇作家、パフォーミング・アーティストとして活動。演劇プロジェクト「KKP」やソロパフォーマンス「Potsunen」なども展開している。2009年からNHK BSプレミアムでコント番組「小林賢太郎テレビ」を年に一度放送している。

[広告]

 小林さんが舞台や映像作品のために制作した小道具や美術原画などを展示する同展。小林さんが脚本・演出・美術を手掛けた演劇作品「ノケモノノケモノ」の美術原画や、ひらがな46文字のパングラム、赤色のチェックシートで見ると「小林賢太郎テレビ」のタイトルロゴが見えるように組み上げたレゴのオブジェなど100点以上を展示。場内には、動きやすさなどを考慮し素材にこだわって制作した衣装などを並べる楽屋をイメージしたコーナーや、手描きのスケッチなどを並べアトリエをイメージした一角も設けた。

 開催時間は11時~20時。入場無料。10月5日まで。

  • はてなブックマークに追加