買う

渋谷ギャルの歴代トレンドファッションショー、ルーズソックスやアムラーなど

1990年代から現在までのトレンドファッションに身を包んだモデルたち

1990年代から現在までのトレンドファッションに身を包んだモデルたち

  • 0

  •  

 渋谷・井の頭通り沿いのエンターテインメントスペース「T2 SHIBUYA」(渋谷区宇田川町)でSHIBUYA109(道玄坂1)の開業35周年記念パーティーが開催され、渋谷ギャルの歴代流行スタイルを再現した「ヒストリーファッションショー」が行われた。

ルーズソックスが特徴的な「スーパー女子高生」

 1979(昭和54)年の「シブヤの日」(4月28日)に「ファッションコミュニティー109」として開業した同館。35年後の同日に開かれたパーティーには同館の客1000人が招待された。

[広告]

 ファッションショーは、ルーズソックスを履き、ナイロンバッグを持った「スーパー女子高生」(モデル=舟山久美子さん)で始まり、焼いた肌にハイビスカス柄のスカートを着た「ハイビスカスギャル」(峯村優衣さん)など「コギャル」全盛期のスタイル、厚底ブーツにチェックやミニスカートなど安室奈美恵さんを模した「アムラー」(尾崎紗代子さん)など1990年代をほうふつとさせるスタイルが登場。

 続けて、Tシャツにデニムのショートパンツ、しっぽチャームを身に着けた浜崎あゆみさんを模した「カリスマ歌姫スタイル」(細井宏美さん)や、ヘアを「盛った」スタイルの「小悪魔系ギャル」(根本弥生さん)、ニットキャップに「ボリューム巻き」ヘアの「渋原系」(鈴木あやさん)、白と黒を基調にした「TOKYOモードカジュアル」(森摩耶さん)など、2000年代を振り返った。

 近年の流行として、パステルカラーを基調にしたドーリーなスタイルの「萌原ミックス」(寿るいさん)や、シルバーのショートパンツなど派手めなアイテムの中にブルゾンやスポーティーな靴下などを合わせた「NEO GAL」(安井レイさん)も紹介された。

 パーティーでは歌手のMay J.さんが映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌「Let It Go~ありのままで~」など3曲を披露。その後、同館35周年を記念し「ハッピーバースデー」をアカペラで歌う中、リアリティーバラエティー番組「テラスハウス」に出演していたことで知られる宮城大樹さんが同館ファサードの特徴的なシリンダーを模したケーキと共に登場。会場からは大きな歓声が上がった。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞