渋谷駅地下通路に多機能施設「渋谷ちかみちラウンジ」-パウダールームも

英語を話せるコンシェルジュが常駐するラウンジ

英語を話せるコンシェルジュが常駐するラウンジ

  •  
  •  

 東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線渋谷駅地下1階コンコースに4月28日(シブヤの日)、ラウンジやパウダールームなどを併設した「渋谷ちかみちラウンジ」がオープンする。

蜷川実花さんの作品を壁面などに掲出する女性パウダールーム

 昨年3月の相互直通運転開始に伴い東急東横線ホームが地下化したことから通行人が増えた地下通路(=「渋谷ちかみち」)。同施設の開設を皮切りに新たなサイン掲出などを進め、地下空間の利便性向上や「分かりやすく快適な空間」の形成を図り、街の回遊性向上や各施設への誘導など、街の活性化へつなげる。

[広告]

 場所は駅の西側、SHIBUYA109へ続く通り沿い。スペースが確保できたことや、宮益坂中央改札付近など駅東側に比べ利用者が少ないことから、流動を考え西側の「新たな名所」を目指し同所に開設した。

 施設面積は約182平方メートル。ラウンジ、女性パウダールーム、男性ドレッシングルーム、授乳室、ベビールーム、トイレ(女性・男性・多目的)を併設。内装はそれぞれ異なるが、壁一面を同じレンガ調のタイルにし統一感を出している。トイレの個室(女性4、男性3)も、それぞれ内側の壁面を異なるデザインに仕上げている。随所には足跡やシルエットなど、「隠れハチ公」をデザインした

 ラウンジは自然をイメージし木目を基調に緑を取り入れた空間で、8人掛けのテーブルやソファ10席を用意。壁面のイラストには「ハチ公像」が隠れているほか、棚には犬や、4・2・8の置物などをディスプレーする。テーブルには電源を用意するほか、東急電鉄などが3月に始めた「Visit SHIBUYA Wi-Fi」などWi-Fiも完備する。1日400~600人ほどの利用を見込む。

 女性パウダールーム・授乳室壁面などには、写真家で映画監督の蜷川実花さんのデジタルフォトブック「ニナデジ」からセレクトしたビジュアルを掲出。パウダールームにはコンセントを備えたブース6席と8人掛けのテーブルを配置。フィッティングルーム1室、授乳室3室も用意する。家具や照明はインテリアデザイナーの笠原栄治さんがセレクトした。

 ベビールームには、おむつ替え用ベッド4台やキッズトイレ1室を備えるほか、絵本などを置く本棚も設置した。シックな色合いで「男の隠れ家」をイメージして仕上げた男性ドレッシングルームには、フィッティングルーム1室や全身が映せる鏡を置く。

 同日、同施設はす向かいに位置する「渋谷駅総合サービスカウンター」も機能強化。「渋谷ちかみち総合インフォメーション」に改称し、「TOPカード」などに関する問い合わせに対応する「カードカウンター」(10時~19時)と、駅構内・出口、駅周辺の観光案内、地図配布などを行う「コンシェルジュカウンター」(10時~20時)を新設。「東急旅行センターテコプラザ」(10時~19時)では大型スーツケースの預かりサービス(18時まで、1個1日600円)を行う。

 渋谷ちかみちラウンジと渋谷ちかみち総合インフォメーションにはそれぞれ1人、英語を話せる「渋谷ステーションコンシェルジュ」が常駐。同コンシェルジュは同日から地下4階連絡通路「コンシェルジュカウンター」を拠点に駅構内を巡回し、案内や情報提供を行う。

 東急電鉄広報課・課長補佐の森田創さんは「渋谷は刺激に満ちている街だが、その分、疲れてしまうこともある。ホッと一息つきつつ情報を得て街に繰り出していただければ」とし、「当施設は渋谷にありそうでなかった施設。新しいオアシスとして、渋谷の街歩きが活発になる起点になれば」と期待を込める。

 開所時間は10時~20時(一般トイレは始発~終電)。利用無料だが、利用時には「渋谷駅総合サービスカウンター」で記名が必要(トイレ利用は除く)。「TOKYUポイントカードTOP&」「Tokyo Metro To Me CARD」所持者の記名は不要。

  • はてなブックマークに追加