南青山・福井PR拠点で若手僧侶が仏教イベント-プチ座禅・ブックカフェなど

昨年開催時の座禅体験の様子

昨年開催時の座禅体験の様子

  •  
  •  

 「ふくい南青山291」(港区南青山5、TEL 03-5778-0291)2階多目的ホールで2月28日~3月2日、若手僧侶による仏教イベント「東京禅僧茶房2014 by shojin-project~『うれしい』をあなたに~」が開催される。

 福井県は曹洞(そうとう)宗大本山永平寺を擁するほか、各宗の寺院1700ほどが点在する県。同イベントは、20代の若手僧侶が集まる曹洞宗総合研究センター強化研究部門「Shojin-project」が企画。今年は「うれしい気持ち」をテーマにコンテンツを展開する。

[広告]

 場内には、「プチ座禅コーナー」や仏教関連書籍をそろえる「ブックカフェ」を開設。ギャラリーコーナーでは、「どうすれば『うれしい』が増えるのか」を写真や絵を用いたパネルで展示する。僧侶も常駐し質問などに答える。

 期間中は毎日、自分や周りの人を「笑顔にする方法」を見つけるワークショップ「笑顔スイッチ探し」を開く。1日4回、1回90分で定員は各回20人。参加無料(事前予約制)。

 期間中、1階の店舗では精進料理「ごま豆腐」の食べ比べを同時開催。「大本山永平寺御用達」という1888(明治21)年創業の「団助のごまどうふ」、2012年にモンドセレクションで同賞を受賞した幸伸食品(福井県)の「永平寺ごまどうふ」計4種(各白ゴマ・黒ゴマ)を用意する。

 開催時間は11時~19時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加