食べる

南青山に台湾発パイナップルケーキ「サニーヒルズ」1号店-日本限定商品販売

隈研吾さんが設計した店舗外観

隈研吾さんが設計した店舗外観

  • 0

  •  

 南青山に12月21日、台湾発パイナップルケーキブランド「SunnyHills(微熱山丘)」の国内1号店「SunnyHills at Minami-Aoyama(サニーヒルズ南青山)」(港区南青山3、TEL 03-3408-7778)がオープンする。

台湾の伝統菓子であるパイナップルケーキ

[広告]

 2008年、IT業界に25年勤めていた許銘仁(MICHAEL SHEU)さんが、「素朴という原点に戻るブランドを作りたい」と、台湾の伝統菓子であるパイナップルケーキの同ブランドを設立。翌2009年に台湾中部の南役に本店を出店。2010年には台北市、2011年にはシンガポールへ進出。昨年は上海にも店を構えている。今年1月、SunnyHills Japan(品川区)を設立。南青山の店舗は同社が経営する。

 「ゆっくりともてなしの心を感じてほしい」というブランドの精神と環境がマッチしたほか、繁華街が近いこともあり同所を選んだ。店舗面積は3フロア計293平方メートル。1階はエントランスで、商品を販売する2階をファーストフロアと位置付ける。同店では「台湾流のおもてなし」として、商品購入の有無にかかわらず来店客に試食のパイナップルケーキ1袋と茶を無料提供するため、2階・3階にはテーブルと椅子を配置する(2階=15席、3階=9席の計24席)。

 店舗設計は建築家・隈研吾さんが担当。強度の高さや香りの良さから選んだという岐阜のヒノキを使った木造で、ファサードは障子の桟などに使われる伝統的な技法「地獄組み」を採用し、6センチ角の木材を細かく交差させた桟が特徴。使った木材は全長約5200メートル分になる。店内壁面は手すき和紙や土壁で仕上げ、洗面台のデザインにもこだわったという。隈さん自身、木組みの建築を手掛けるのは、スターバックス太宰府天満宮表参道店(福岡県太宰府市)などに次ぎ3件目となる。

 「パイナップルケーキの素材の良さを木で表現した。その中でも驚きを作りたいと思った」と話す隈さん。桟から光が差し込むため、時間帯により店内の雰囲気が変化する。「自分好みの時間帯を見つけていただければ」とも。

 日本限定商品を販売する同店。許さんが幾度と来日する中で日本の食文化を体験し「(日本人は)より精巧なもの好む」と感じたことから、「台湾の味を日本の高さまで高めたい」と同店オープンに向け新たに商品を開発した。日本産小麦や抗生物質を食べていない鶏の卵、AOP認証の仏エシレ社の発酵バターを使うほか、「(日本人は)すっぱすぎるのは得意ではないのでは」と、台湾中部・台湾八卦(はっけ)山麓の丘陵で育つパイナップルは6月~7月に取れるもののみを使うなど素材にこだわる。同商品専用の型や、工場内には品質の安定を図り同商品専用の生産ラインを用意したほか、パッケージは日本人デザイナーに依頼した。価格は、5個入り=1,500円、10個入り=3,000円。

 商品開発や出店地探しなど3年かけてオープンにこぎ着けたという同店。日本への進出について、「勉強してブランドを高めたいと思った」と話す許さん。「味だけではなく、食材含をめ、台湾のスイーツもここまで心を込めて作ることができるということを知っていただきたい。台湾流のおもてなしを感じていただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~19時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース