明治神宮外苑の黄葉、カメラを手にした見物客でにぎわう

多くの見物客でにぎわう並木道

多くの見物客でにぎわう並木道

  • 0

  •  

 明治神宮外苑・イチョウ並木の黄葉を見に多くの見物客が訪れている。

噴水池側からの眺め

[広告]

 同所のイチョウは、1908(明治41)年に宮内省南豊島御料地内(現在の明治神宮内)の苗床にまいた種子が成長したもの。1923(大正12)年、樹高6メートルほどに成長した1600本の苗木の中から選び樹形を整えた146本を、青山通りから下り勾配に従い樹高順に植えるなど遠近法を活用し造られた。4年に1度、1月~3月にかけて樹姿を円すい三角形に整える枝切りを行っている。

 青山通りから円周道路までの約300メートルに及ぶ並木道には現在、イチョウの木146本が9メートル間隔で植えられており、一番背の高い木で28メートルに達する。ここ6~7年は暖冬で色付きが遅かったが、今年は11月上旬と早めだったという。雨や風の影響で落葉も目立つようになってきたが、木によってはまだ緑の葉を付けている木などもある。

 同所は例年、親子連れやカップル、ペットを連れた人など多くの人多くの人が黄葉を鑑賞に訪れる。今年も一眼レフカメラやスマートフォンなどを手に盛んにシャッターを切る姿が見られ、通り沿いの飲食店のテラス席も行列ができるなどにぎわっている。

 噴水池周辺では現在、「いちょう祭り」が開催されている。各地の特産品、丼、ドリンク、スイーツなどの模擬店など50近くのブースが出展している。開催時間は10時~16時30分(最終日は14時まで)。12月9日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース