3密を避けて新しい生活様式へ!

渋谷・表参道などでレッドブルの音楽フェス-ライブやレコード販売など

10月3日~6日にマドリードで開催された際の様子

10月3日~6日にマドリードで開催された際の様子

  • 0

  •  

 渋谷・表参道などで11月1日~4日、音楽フェスティバル「Red Bull Music Academy Weekender Tokyo」が開催される。

 1998年から、アーティストたちを支援するためレッドブルが開いている音楽学校「Red Bull Music Academy」。15周年を迎えた今年、東京をはじめ、ロンドン、マドリード、ストックホルムの4都市で開いているのが同フェス。日本と世界の音楽シーンやアートカルチャーにスポットを当てる。

[広告]

 スペイン坂のライブハウス「WWW」(渋谷区宇田川町)では2日、ジャズベース鈴木勲さんとDJ Kenseiさんのセッションや、ネットラジオを通してロサンゼルスからライブやDJパフォーマンスを生中継する。「SOUND MUSEUM VISION」(道玄坂2)では3日、英ジャイルス・ピーターソンさんやドイツのフューチャー・ジャズ・ユニット「ジャザノヴァ」のアレックスさん、沖野修也さん、元ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼイションの松浦俊夫さんら国内外のDJが登場する「Club Night」を開く。

 3日・4日には恵比寿のライブハウス「LIQUIDROOM」(東3)で、ヤン富田さんや元電気グルーヴのY.Sunahara(砂原良徳)さん、独電子音楽レーベルを主宰するカールステン・ニコライさんとバイトーンさんによるユニット「ダイアモンド・ヴァージョン」などエレクトロニック・アーティスト40組以上が出演する「EMAF TOKYO2013」を開く。併せて、ニコライさんや砂原さんが講師を務めるレクチャーも行う。

 神宮前のイベントスペース「BA-TSU ART GALLERY」(神宮前5)では3日カルチャー企画を展開。「Lighthouse Records」(道玄坂2)、「JAZZY SPORT」などレコードショップ10店舗以上によるレコード販売や、ドイツの出版社「ゲシュタルケン」が音楽を軸にセレクトする書籍の販売を行う。同所では、同出版社から出版されるアートブック「FOR THE RECORD」の写真展や、NYでラジオDJとしてキャリアを積み、現在はロンドンを拠点にする女性DJ Cosmoさんによるリスニング&トークセッションプログラムも開く。

 開催時間などは企画により異なる。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞