新型コロナ関連12~64歳も6月中に接種券発送

買う

英ロンドン発ドライクリーニング店「ジーヴス」、南青山に国内1号店

白を基調にした店内©Jeeves International Tokyo

白を基調にした店内©Jeeves International Tokyo

  • 0

  •  

 南青山・骨董(こっとう)通りの英国流アーケード・ショップ「ヴァルカナイズ・ロンドン青山店」(港区南青山5)内に英・ロンドン発のドライクリーニング&ファッションケア専門店「JEEVES(ジーヴス)」の日本1号店「JEEVES TOKYO」(TEL 03-6450-5385)がオープンして1カ月が過ぎた。経営はクリーニング業を手掛けるフランスヤ東京(神奈川県川崎市)。

 1969年に創業した同店。1980年からプリンス・オブ・ウェールズ(チャールズ皇太子)のワラント(=王室御用達)を授与されている。現在ロンドン市内に12店舗を展開しているほか、アメリカ・香港・シンガポール・インドネシアなど10カ国に出店している。11カ国目の出店となる日本。「ファッション感度の高いエリア」であることなどから同エリアに出店。都内在住の富裕層や「良質な衣料を大切に長く愛用する人」をターゲットに据えるという。

[広告]

 クリーニングメニューは、メンズ=ワイシャツ(800円~)・スーツ(7,000円~)、レディス=ブラウス(2,500円~)・ワンピース(4,000円~)、アウター=コート(7,000円~)、ダウンジャケット(4,500円~)、フォーマル=イブニングドレス(1万5,000円~)、寝具(羽毛・羊毛5,000円~)ほか。皮革製品の補修、リペアサービスなども行う。集配は港区や渋谷区、千代田区、中央区がエリアで、対応エリアは拡大中。

 現在までの利用客は50代前後が中心。テーラーメードのスーツやイブニングドレスの持ち込みが多いという。経営責任者の奥野英樹さんは「高温多湿の気候や着用による汗・皮脂などの除去は、日本で衣料のメンテナンスを行う上では必要不可欠な技術。洗いと仕上げの両面を高いレベルで実現させながら、衣類(繊維と染色)に負担をかけない技術は世界でもトップレベルにあると自負している」と話す。

 営業時間は10時~18時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース