買う

原宿の「ロリータ変身」サロン、好評で期間延長へ-41歳の利用客も

スタイリストがヘアメークなどもしてくれる

スタイリストがヘアメークなどもしてくれる

  • 0

  •  

 原宿の美容室「dea」(渋谷区神宮前6)で3月31日まで開かれている、ロリータに変身できる期間限定サロン企画「Maison de Julietta(メゾン デ ジュリエッタ)」の期間延長が決まった。

原宿を周回したパレード時の様子

 繊維のOEMや商品流通、イベントプロデュースを手掛けるファイブアイ(港区)が新規事業としてプロデュースした同企画。「手軽にロリータファッションを楽しめる」サロンとして、着替えやヘアカット・セット、写真撮影などを行う。

[広告]

 当初は今月16日~31日の予定だったが、同店のスタイリスト珠美さん1人が担当しているため1日7~8組が限界で、オープン後4日で土曜・日曜の予約はほぼ埋まってしまったという。利用客は高校生や大学生などの学生や20代半ば以上の社会人など幅広く、これまでの利用客の年齢は16歳~41歳。8割がロリータファッションをしたことがない人。男性も一部いたほか、メールやフェイスブックを通じて外国人からの問い合わせもあった。

 「ロリータに変身していく様を楽しんでいる方が多く、夢の国のように捉えてくれた方もいた。もっとサービスを充実させていかなくてはいけないと感じた」と社長の山田啓太さん。「ここまで反響があるとは…」と驚いた様子で、オープン間もないころから期間延長を考えていたという。

 延長後は洋服の種類やアクセサリー、写真撮影などサービスの拡充を図る。衣装は一部サイズによっては他のブランドも用意するが、ロリータ服ブランド「BABY, THE STARS SHINE BRIGHT(ベイビー・ザ・スターズ・シャイン・ブライト)」がメーン。ワンピースやブラウス、カーディガン、靴下などをトータルコーディネートする。茶色のロングウエーブや金髪のツインテールなどのウイッグ(別途1,050円)のほか、利用客の要望もあり「つけまつげ」(同315円)も用意する。

 美容室の個室スペースを活用し、ヘアメーク中にはアイシングクッキーや紅茶を提供。写真撮影は店舗内やテラス、屋外などで行い、撮影したデータは持ち帰ることができる。延長後は壁紙のバリエーションを増やすなど写真のアレンジを増やす。撮影用に椅子や日傘など小物を用意しているが、利用客からの要望が多かったためアイテム数を増やす予定。友人同士(2~4人予定)の利用も可能。価格は全て含め8,980円。時間は通常メニューで40分~1時間ほど。

 「ロリータカルチャーが存在することをあらためて認識できた。ニッチかもしれないが、ファッションジャンルとしてもっと確立されても良いのでは」と山田さん。「喜んで帰っていただけているので、もっと多くの方が気軽に試すことができる機会を作りたい。ロリータカルチャーを知っていただける入り口になれば」とし、「今回は美容室の一角を借りているが、将来的には専用のスペースが開けたら」とも。

 予約制で電話で受け付ける。営業時間は11時~21時(木曜は19時まで、土曜は10時~19時、日曜・祝日は10時~18時、受け付けは1時間半前まで)。月曜定休。開催期間は4月13日~5月19日。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞