新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は22人

見る・遊ぶ

渋谷で独監督・ファスビンダー没後30年上映-女性を描いた3作品

「マリア・ブラウンの結婚」(1979年)より

「マリア・ブラウンの結婚」(1979年)より

  • 0

  •  

 シアター・イメージフォーラム(渋谷区渋谷2、TEL 03-5766-0114)で現在、ドイツの映画監督ファスビンダー没後30年上映企画「ファスビンダーと美しきヒロインたち」が行われている。

[広告]

 1945年生まれのファスビンダー監督。ドイツの時代感覚を映像化することにこだわり、アメリカ映画のメロドラマを意識した手法を採りながらも、「ドイツを忘れなかった」。女性の姿を通じて、ドイツの戦後史を「再検証する」ため、前向きにたくましく生きる「廃虚の女たち」を作品に登場させている。1982年、30本以上の作品を残し36歳の若さで亡くなった。

 今回上映するのは3本。第2次世界大戦末期から1954年までの約10年間にわたるヒロインの人生を、戦後ドイツの社会学的考察と共に映像化した「マリア・ブラウンの結婚」(1979年、35ミリニュープリント版)、映画「嘆きの天使」(ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督、1930年)を1950年代のドイツに置き換えドイツ成長期の精神的退廃を映像化した「ローラ」(1981年)、メロドラマでありながら心理サスペンスの要素も加味された「マルタ」(1975年)。

 鑑賞料は、一般=1,500円、学生=1,300円、会員・シニア=1,000円、3回券=1,500円。1月18日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース