コスモプラネタリウム渋谷、ブラックホールの謎に迫る新番組上映開始

「宇宙 未知への大紀行~ブラックホールに挑む~ プラネタリウム版」より©NHK©渋谷区/NEP

「宇宙 未知への大紀行~ブラックホールに挑む~ プラネタリウム版」より©NHK©渋谷区/NEP

  •  
  •  

 渋谷区文化総合センター大和田(渋谷区桜丘町)12階の「コスモプラネタリウム渋谷」(TEL 03-3464-2131)で10月2日から、「宇宙 未知への大紀行~ブラックホールに挑む~プラネタリウム版」の上映が始まる。

 渋谷区区政80周年を記念し同区が制作したオリジナル番組。2001年に放送されたNHKスペシャル「宇宙未知への大紀行」シリーズを基に「最新の研究」による映像を交えながら、ブラックホールの謎に迫る。上映後は解説員が星空解説も行う。

[広告]

 そのほか同施設では、恒星の誕生と死からつながる人間の「命の意味」を考えるCG作品「ETERNAL RETURN」、葛飾区郷土と天文の博物館(葛飾区)が制作した、ラベルの「ボレロ」、ドビュッシーの「月の光」、チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」などのクラシックとともに月や太陽、木星などを解説員が生解説する「シンフォニーオブユイバース-ガリレオから最新の宇宙まで-」、電磁波による宇宙像を紹介する「EM Eye-第三の目」を上映している。

 上映時間はホームページで確認できる。開館時間は12時~20時(土曜・日曜・祝日は10時~)。月曜休館(月曜が祝日の場合は翌火曜)。鑑賞料は、一般=600円、小・中学生=300円、小学生未満無料ほか。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞