天気予報

28

21

みん経トピックス

文化センター

表参道でナイトアウト表参道に「コーチ」限定店

原宿「Gap」でアート展-清川あさみさんや仲宗根梨乃さんら8組が参画

  • 0
原宿「Gap」でアート展-清川あさみさんや仲宗根梨乃さんら8組が参画

エントランス比較に設けた展示スペースには参画アーティストの作品が並ぶ

写真を拡大 地図を拡大

 原宿駅前の「Gapフラッグシップ原宿」(渋谷区神宮前1、TEL 03-5786-9200)で現在、コラボレーションプロジェクト「GAP CREATIVE LABEL」のアート展が開催されている。

Gapのデニムを使った作品を制作した清川あさみさん

 ギャップジャパン(千駄ヶ谷5)が新たに立ち上げた同プロジェクトは、音楽やアートダンス、ビューティーなどさまざまな分野で活動するアーティストとコラボレーションした作品を制作し発信していくもの。コンセプトは「スタイル。イノベーション。オーセンティック。国境も時間も越えて心躍るもの。私たちはそこが創造の原点だと信じている。その思いを、もっと広い世界へ」。

 今回同プロジェクトに参画したのは、写真に刺しゅうを施す作品などが特徴的なアーティスト・清川あさみさん、ダンスグループ「The BEAT FREAKS」のメンバーで、マイケル・ジャクソンのMV「ハリウッド・トゥナイト」などに出演しているほか、ジャネット・ジャクソンさんやブリトニー・スピアーズさん、少女時代などの楽曲の振り付けを手掛けた経験を持つ仲宗根梨乃さん、昨年メジャーデビューした4人組バンド「SEKAI NO OWARI(以下セカオワ)」、レディー・ガガさんのクリエーティブチーム「Haus of Gaga」の一人であるネイルデザイナーAYA FUKUDA(福田あや)さん、クッキーアーティストcookieboyさんなど8組。

 エントランス近くに設けた展示スペースには、同ブランドのデニムを使い制作した「infinity imagination」(清川さん)、同ブランドのカジュアル性にインスピレーションを受けたほか、マニキュアを使わないことにこだわったネイルアート「pop GAP」(福田さん)、デニムの服にハートやスマイルフェイス、文字などのアイシングクッキーを装飾した作品(cookieboyさん)などを展示。仲宗根さんとセカオワがコラボレーションしたPV「hanging out」(楽曲は「スターライトパレード」)も流している。

 9月5日には同所で会見を開き、清川さんと仲宗根さんが登壇。清川さんは「デニムは色の種類が少ないので使い方が大変だった」ことから、裏面やジッパーの部分を使うなど工夫を凝らしたという。作品について「個々のイマジネーションは宇宙まで広がっていって、全ての人を巻き込み人の心は豊かになっていく。ハッピーな感じ」と話した。

 振り付けをする上で「その曲にしか合わない振り付けをすること」を大事にしているという仲宗根さん。今回の楽曲の印象について「柔らかいけどインパクトのある曲」とし、「やったことのない(タイプの)歌だったのでチャレンジだった」と振り返った。「振り付けをする上で満足したことがない。見た方が楽しんでいただければ、私もうれしい」と笑顔を見せる。

 同展については、「いろいろな人がすごいパワーを作品に込めている」(清川さん)、「ファッションもアートの一つ。(PVで)着ていた服など探しながらショッピングも楽しめるし、一石二鳥な楽しい経験ができると思う」(仲宗根さん)とも。

 営業時間は10時~21時。9月12日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムでベルギー美術500年たどる展覧会。音声ガイドを担当する声優の速水奨さん
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング