食べる

渋谷にコンセプトレストラン「舞踏の国のアリス」-ダイヤモンドダイニングが新店

メリーゴーラウンド型のボックス席「ジュエリーメリーゴウランド」(中央)などの席を用意する店内イメージ

メリーゴーラウンド型のボックス席「ジュエリーメリーゴウランド」(中央)などの席を用意する店内イメージ

  • 0

  •  

 渋谷・スペン坂下に8月6日、コンセプトレストラン「舞踏の国のアリス」(渋谷区宇田川町、TEL 03-3770-2750)がオープンする。経営は多業態の飲食店を展開するダイヤモンドダイニング(港区)。

[広告]

 同社が「不思議の国のアリス」をテーマにしたレストランを出店するのは、「幻想の国のアリス」(大阪市北区)、絵本の世界をテーマにした「絵本の国のアリス」(新宿区)、ハートの女王をテーマにした「古城の国のアリス」(豊島区)などに続く6店舗目。

 出店場所はパルコが運営する商業施設「ZERO GATE」の地下1階で、かつてクラブラウンジ「LA FABRIQUE」が営業していた。店舗面積は59.63坪。ミラーボールをつるす店内には、キャラクターの絵や絵本のデザインなどを掲出。店舗中央のメリーゴーラウンド型のボックス席「ジュエリーメリーゴウランド」、開閉する舞台幕下の「チェシャネコのダンスフロア」、濃紺を基調に木馬などを配した個室ソファ席「帽子屋のシークレットティーパーティー」など計95席を用意する。スタッフはアリスのイメージカラーである水色と白を基調に、「舞踏の国」というコンセプトを踏まえたバルーンスカート風の制服を着用する。

 料理はカジュアルフレンチとイタリアンがベース。ランチには、チェシャ猫を模した「チェシャ猫のにやにやスマイルミートローフ」(パンまたはライス付き、1,180円)、ワッフルをハート形にかたどった「ハートの女王様のワッフル ベリーソースをかけて」(350円)などを提供。ディナーは、「いもむしおじさんのエビとアボカドのタルタル」(680円)や「国産鶏もも肉のタンドリーチキン 赤いバラを添えて」(1,280円)、チェシャ猫の尻尾をモチーフにしたピザ「チェシャネコのしっぽピザ」=「ピンクのシッポ(明太子、サーモン、ブロッコリー)」(1,000円)、「黒いシッポ(照り焼きチキンとポテトの和風)」(880円)など4種、「小さくなったアリスの大きな大きなハニートーストハウス」(1,580円)ほか。ディナーのみチャージ料500円、サービス料10%がかかる。客単価は、ランチ=800円、ディナー=3,800円。

 同社広報部江角早由里さんは「コンセプトは『うたた寝アリスの夢の中』。アリスの夢の中に落ちていく感覚で地下への階段を下りていくと、夢の中にいるような非日常的な空間が広がる。舞踏会場のような店内で見た目もかわいい料理を楽しんでいただければ」と話す。

 営業時間は、ランチ=11時~16時、ディナー=17時~23時30分。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース