渋谷のカフェで「浴衣で夏祭り」-編集者・農家支援者らが企画

「海の日!渋谷で浴衣で夏祭り!」が開催されるカフェ「factory」

「海の日!渋谷で浴衣で夏祭り!」が開催されるカフェ「factory」

  •  
  •  

 渋谷・宮益坂上近くのカフェ「factory(ファクトリー)」(渋谷区渋谷2、TEL 03-6419-7739)で7月16日、「海の日!渋谷で浴衣で夏祭り!」が開催される。

 編集者・江口晋太朗さんが発起人となり、日本の伝統や地域の名産などをそれぞれのかたちで発信している、日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」の生駒龍史さん、農家が学生を食生活の面でサポートする「奨学米」の笠木恵介さん、秋田の若手米農家「トラ男」の武田昌大さんらと、若い人たちに「和や日本の文化などに気軽に接してもらいたい」と企画した同イベント。テーマは「浴衣を着て夏祭りに行って、夏を感じよう」。

[広告]

 同店の席数は約40席。当日は出店ブースごとに椅子と机を用意する。各店では、SAKELIFE=日本酒を使ったカクテル、トラ男=きりたんぽに来店客自身が好きな具材を詰めることができる「たんぽ」(以上300円~)、デザインユニット「りんごちゃん」=浴衣姿の似顔絵(500円~)、factory=日頃から提供しているベルギービールなどを提供。浴衣や着物など和装で来店した人には、各ブースで試飲・試食などの特典を用意するという。

 江口さんは「日本文化や和、そして日本の多様な文化である地域や地方の名産などを楽しみながら体験していただきたい。夏だからこそちょっとお出掛けして、夏らしさである祭りを感じ、そこから日本に少しでも触れていただけたら。肩肘張らず楽しく思い出に残る祭りになれば」と話す。

 開催時間は17時~20時。入場無料。終了後も引き続きファクトリーで飲食できる。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞