大賞は「ももクロ」-渋谷BOXXで「CDショップ大賞」授賞式

「ももいろクローバーZ」の掛け声とともにポーズを決めるメンバーたちとCDショップの店員ら

「ももいろクローバーZ」の掛け声とともにポーズを決めるメンバーたちとCDショップの店員ら

  •  
  •  

 渋谷BOXX(渋谷区神南2)で2月27日、「第4回 CDショップ大賞授賞式」が行われ、ももいろクローバーZ(以下ももクロ)「バトル アンド ロマンス」が大賞に輝いた。主催は全日本CDショップ店員組合。

大賞を受賞した「ももいろクローバーZ」

 全国のCDショップ店員が「この作品を心から売りたい」「お客さまに絶対聴いてもらいたい」作品を選ぶ同賞。対象は、メジャー、インディーズを問わず過去1年間(2010年11月1日~2011年12月31日)に発売された邦楽オリジナルアルバム。HMV、新星堂、タワーレコードなど248人のCDショップ店員の2回の投票を経て決められる。

[広告]

 授賞式にCDをあしらった衣装で登場した高城れにさんは「これで満足せずに来年も再来年も記録更新して大賞を取りたい」と意欲を見せた。玉井詩織さんは「新人賞もかすることなく取れなかったし、私に至っては学校とかでも賞を取ったことがなくて、人生で初めての賞を頂けてすごくうれしかった。これからも聴いてくださる方の耳に残るような個性的な歌を歌っていきたい」と喜びを表した。百田夏菜子さんは「この賞は私たちに、もっと頑張れってエールで頂けていると思うので、もっともっと上を目指して、これからも頑張っていきたい」とも。

 デビュー前に代々木公園・ケヤキ通りで路上ライブを行っていた「ももクロ」。当時を振り返り「ビラ配りもしていて、最初は全く受け取ってもらえなかったりしたが、今ではすごくいい経験だと思える。ここ(渋谷BOXX)は2周年記念ライブをしたところで、すごく思い出深い。当時は、こんなすてきな賞を頂けるなんて全く思っていなくて、今も『私たちが?』って、本当に夢みたい」と百田さん。高城さんは「CDショップ大賞を頂いたので、全国のCDショップを回ってライブをしたい」とも。ももクロは授賞式のステージで、3月に発売するシングル「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」を披露した。

 準大賞に選ばれたのは、俳優などでも活動する星野源さんの「エピソード」。星野さんは「僕の作品は基本的に音楽配信を行っていない。ブックレットを含め、CDを手に取る面白さを伝えたいから。だから、CDショップの店員さんがいないと始まらない。ショップスタッフの皆さん、いつも本当にありがとう」コメントを寄せた。

 そのほか入賞したのは、熊谷育美さん「その先の青へ」、サカナクション「documentaLy」、高橋優さん「リアルタイム・シンガーソングライター」、back number「スーパースター」、MAN WITH A MISSION「MAN WITH A MISSION」の5作品。

 会場には熊谷さんも来場。宮城県気仙沼市生まれ・在住の熊谷さんは今回、同作で「地方賞・東北ブロック賞」も受賞した。「受賞の報告を聞いたときは驚いた。そして、素直にうれしくて、すぐに応援してくださっている皆さんや地元の皆さんに私から報告した」と振り返った。「一人でも多くの方の心が明日に向かうことを願って」とあいさつした後、東日本大震災の前日に完成した曲で、昨年4月に4枚目のシングルとして発売した「雲の遥か」を披露した。

 「地方賞」では、北海道ブロック賞=サノトモミさん「ミッドナイト エクスプローラー」、東北ブロック賞=熊谷さん、関東ブロック=玲里さん「KISS AND FLY」、甲信ブロック賞・東海ブロック賞=cinema staff「cinema staff」、関西ブロック賞=N’ 夙川BOYS「PLANET MAGIC」、九州ブロック賞=mahos「icicles」が、それぞれ選ばれた。

 今年新たに新設された「部門賞」では、洋楽賞=Foster The People「Torches」、マエストロ賞=山下達郎さん「Ray Of Hope」、ニューブラッド賞=Fear,and Loathing in Las Vegas「NEXTREME」・Ye Yeさん「朝を開けだして、夜をとじるまで」、ライブシーンに「定評」があるアーティストを選ぶライブパフォーマンス賞=モンキールルーギャバン、その年を象徴する・話題となった曲を対象とする「全日本CDショップ組合2012 特別賞」=薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!」が、それぞれ選ばれた。

  • はてなブックマークに追加