新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は22人

食べる

「渋谷ヒカリエ」飲食店ラインアップ発表-2フロアに26店

7階「TABLE7」のイメージ

7階「TABLE7」のイメージ

  • 0

  •  

 東急電鉄(渋谷区南平台町)は1月18日、「渋谷ヒカリエ」(渋谷2)に出店する飲食店ラインアップを発表した。

キーレストラン・各国の料理店・老舗を集積する6階「dining6」

[広告]

 同施設6階・7階に位置する飲食フロアには計26店が出店。コンセプトメーキング、パブリックデザイン、フロアネーミングなどフロアプロデュースは、各種コンサルティングを手掛ける柴田陽子さんが手掛けた。

 6階「dining6(ダイニングシックス)」は「洗礼された環境の中に広がる、バラエティー豊かなレストランフロア」をコンセプトに、「話題の」キーレストラン、各国料理店、老舗を集積。フロア面積は514坪。デザインコンセプトは「スパークリング・ホワイト」で、各店の個性を生かしながら統一感を持たせた環境デザインにこだわったという。

 出店店舗は、アメリカ大統領就任晩さん会で3度総料理長を務めた山本秀正シェフが出店するイタリア料理店「SESTO SENSO 『H』(セストセンソ アッカ)」、国内初出店となる南イタリア・アマルフィ海岸ポジターノに拠点を置くシーフードレストラン「カプリッチ」、「レストランよねむら」オーナーシェフの米村昌泰さんがプロデュースする京洋食「キッチン ヨネムラ」、軽井沢のみそしょうゆ店「酢重正之商店」が信州の素材を使って料理を提供する和食店「酢重ダイニング」のほか、中華ダイニング「招福門」、牛タン専門店「利久」、回転ずし「三浦三崎港 恵み」、うなぎ料理専門店「徳」、とんかつ「まい泉」、うどん・日本料理「美々卯」、泡盛と琉球料理「うりずん」、アジアンレストラン「パパイヤリーフ東京」、韓国料理「水刺齋」の13店。

 7階「TABLE7(テーブルセブン)」のコンセプトは「Discover Tomorrow 明日が見つかる食のフロア」。フロア面積は623坪。デザインコンセプトは「Playground(=仲間同士のたまり場)」で、街の道路や外壁のようなシンプルな環境に、各店が「大人の遊び場」をイメージした店舗を展開する。

 出店店舗は、外苑前駅近くに店を構えるアメリカンダイニング「EAT(イーエーティー)」初の大型店、「伊勢のおもてなし」をテーマに焼き団子や和菓子などのスイーツ、料理を提供する「茶寮伊勢藤次郎」、アジアの食文化をテーマにしたカフェ・カンパニー(渋谷1)のパンアジアンカフェ「フラワーズ コモン」、ゼットン(中央区)が手掛けるハワイアン・カフェ・ダイニング「カイルア・ウイークエンド」のほか、スペインバル「バル エスパニョール ラ・ボデガ」、ビストロ&バー「タコニョッキ」、ハーブレストラン&ハーブミルクカフェ「ライスピープル、ナイスピープル!」、ワイン&フレンチグリルダイニング「コート・ド・ルージュ ロティ」、ラーメンダイニング「博多 うま馬」、和食居酒屋「博多漁家磯貝 しらすくじら」、鉄板焼き・お好み焼き「かしわ」、パン テーブル カフェ「ラ・ロブロス」、グリル「シズルガズル」の13店。

 営業時間は11時~23時(7階は6月から金曜・土曜・祝前日は翌4時までを予定)。

 劇場「東急シアターオーブ」の11階入り口には、トランジットジェネラルオフィス(目黒区上目黒2)がイタリアンダイニング「シアターテーブル」を、コーヒースタンド「シアターコーヒー」を併設して出店。7月の同シアター開業時には14階・劇場ホワイエの一角にカウンターを設ける形でスタンディングバー「シアターバー」がオープン。各店で同劇場と連動しながら、演目にちなんだオリジナルメニューや観劇と食事のセットメニューなどを提供予定。フードメニューは、イタリアンレストラン「アロマフレスカ」(中央区)の原田慎次シェフが監修する。

 オフィスエントランスでもある11階「スカイロビー」にはコンビニエンスストア「ローソン」が出店を予定する。

 渋谷ヒカリエの開業は4月26日。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース