東急百貨店、V商戦に「ブランケブランケ」起用-渋谷のカフェとコラボ企画も

「ブランケブランケ」のキャラクターを描いたチョコレート専門店「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」のチョコレート(1,575円)©BlankeBlanke/designed by watamaki

「ブランケブランケ」のキャラクターを描いたチョコレート専門店「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」のチョコレート(1,575円)©BlankeBlanke/designed by watamaki

  •  
  •  

 東急百貨店(渋谷区道玄坂2)は今年、タカラトミー(葛飾区)グループ横断女子チームが開発したキャラクター「ブランケブランケ」とコラボレーションしたバレンタイン・プロモーションを展開する。

 ブランケブランケは「小さいころ大事にしていたお気に入りのブランケットが姿を変えて再び自分の前に現れた」という設定で、クマの男の子「カルフ」、ウサギの女の子「ププ」、猫の男の子「キッサ」など8キャラクターを展開。期間中、限定チョコレートを販売するほか、各店のチラシやバレンタインリーフ、店内POPなどにも起用する。

[広告]

 限定販売するのは、チョコレート専門店「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」(本店=富ヶ谷1)の限定イラスト缶チョコレート。フランス産のクーベルチュールショコラを粒状にし、キャビアに見立てて缶に詰めたもの。価格は1,575円(ピンク、ブルー)。2月1日から各店で販売する。

 1月19日からは、東急東横店と渋谷のカフェ10店舗とのコラボ企画「チョコラリーin SHIBUYA CAFE」を展開。期間中、参加各店のバレンタイン限定メニュー注文客に、「カフェ共通ドリンク無料券」と東横店バレンタインコーナーで販売するチョコレートの中から「お試しチョコ」を進呈する。

 参加店は「桜丘カフェ」(桜丘町)、「cafe croix」(渋谷3)、「HIGH ROLLERS」(神南1)、「Kahemi Cafe」(宇田川町)など。2月5日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞