買う

原宿で漫画「ブリーチ」10周年記念企画-ギャルソンカフェともコラボ

作者の久保帯人さんがイベントのために書き下ろしたメーンビジュアル©Tite Kubo/SHUEISHA

作者の久保帯人さんがイベントのために書き下ろしたメーンビジュアル©Tite Kubo/SHUEISHA

  •  
  •  

 デザイン・フェスタ・ギャラリー原宿(渋谷区神宮前3、TEL 03-3479-1442)を中心とした原宿エリアで8月7日より、「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「BLEACH-ブリーチ-」の10周年記念イベント「原宿卍解祭」が開催される。主催は集英社・週刊少年ジャンプ編集部(千代田区)。

コラボカフェで提供する「コンのドライカレー」

 「BLEACH」は2001年、集英社「週刊少年ジャンプ」で連載を開始。死神の力を手に入れた高校生・黒崎一護の戦いを壮大なスケールで描く。2004年10月にテレビ東京系列でアニメ化2005年には原作コミックが「第50回小学館漫画賞」(少年向け部門)を受賞した。現在までに劇場版は4作品が公開されている。

[広告]

 メーン会場となる「デザイン・フェスタ・ギャラリーEAST」では、「BLEACH La Corte」を展開。1階では、同イベント限定シリアルナンバー入りのポストカードセット(限定300個、3,800円)や昨年末のジャンプフェスタで発売された名場面ポスター(500円)、Tシャツ(2,500円)、うちわ(400円)などの120種以上のグッズを販売する「浦原喜助の裏原商店」をオープン。店頭には黒崎一護と朽木ルキアのパネルを設置する。

 2階には「女性キャラが作った」オリジナルワッフル(イチゴ・チョコレート、各200円、無くなり次第終了)を販売する「女性死神協会特別推薦 ワッフル屋」やアニメ映像の上映、ゲームの試遊コーナーなどを用意。3階では、イベントのために描き下ろした作品など作者の久保帯人さんが描いたイラスト20点以上を展示する「瀞霊廷寫真館」をはじめ、久保さんが考案したテーマ曲などを聴くことができる「Ritmo y Melodia」やキャラクター相関図、連載開始から10年周年までの年表、コミックスや週刊少年ジャンプの原本などを展示する「空座町歴史記念館」を展開する。

 期間中、明治通り沿いのカフェ「Garcon Cafe(ギャルソンカフェ)」(神宮前1、TEL 03-3404-6969)はコラボカフェ「かふゑ・ら・尸魂界(ソウル・ソサエティ)」として営業。「イケメン」ギャルソンたちが死神の衣装「死覇装(しはくしょう)」姿で給仕。同作をモチーフにしたメニューとして、「一護の仮面風オム焼きそば」(1,000円)や「コンのドライカレー」(1,200円)、「千本桜景厳クレープ」(900円)を提供する。

 ほかにも、竹下通り沿いの100円均一「ダイソー」前で配布するうちわに記されたクロスワードパズルを解いて、原宿の街のどこかに「潜む」黒崎一護を探す謎解きラリーや、竹下通りと原宿通りの「護廷十三隊加盟店」44店舗で買い物をするともらえる抽選券2枚で参加できる抽選会も用意。抽選券は買い物1回につき1枚(ダイソーのみ500円以上購入で1枚)を進呈。抽選会場は「BLEACH La Corte」1階。

 開催時間は11時~18時。デザイン・フェスタ・ギャラリー原宿は入場無料。今月14日まで。

  • はてなブックマークに追加